<< ようこそここへ~、クッククック♪ Ed Hardy >>
人生初の拾い物。(;´Д`)
出勤前、いつものように自宅のそばの土手をカイザーと散歩していたら。

「ミャーミャー」


ネコ?
野良猫?
子猫?

雑草の茂っている藪の方から声がするけど、姿は見えず。

カイザーはその声に反応して毛が逆立ってる。

カイザーが子猫を見つけるかも?
でも、野良猫に引っかかれでもしたらばい菌とか。
もし猫が引っかかなくても、カイザーが襲っちゃったら?

藪に近寄ろうにも近寄れない。

カイザーの気配で猫が姿を見せてくれれば…と思ったけど、逆に鳴き止んでしまって余計に居場所がわからない。

じっくり探したいけど、もう出勤時間だし。


仕方ないので、いつもどおりカイザーと車で出勤。

でも会社までの道のりもずっと、頭の中は猫のこと。

犬の散歩やウォーキングの人が通る場所だから、誰かが見つけてくれるかも?
でも、田舎によくある「放し飼いの犬」「ノーリードで散歩の犬」に襲われるとか?
頻繁ではないけれど、土手を通る車に飛び出したら轢かれちゃう?
そしたら、カラスの餌食?
明日散歩に出たら、「ああ、昨日の猫が」ってそれを見つけるの?

事務所に着いて、カイザーをいつもの場所に休ませて。

やっぱり気になるから、すぐさま車で土手に戻ってみた。

声がしなかったら、それで安心できるもの!


土手に戻る途中から、小雨が降り出してきた。

子猫がずぶぬれになったら、死んじゃうんじゃないの?
衰弱してるのかもしれないし。

雨がひどくなる前に見つけられれば。


土手に行ってみると、やっぱりまだ「ニャーニャー」が聞こえる。

今度は丹念に茂みを掻き分けて、猫探索。


いた!

グレーの子猫。
そして、嫌な予感的中。
片目が膿んでる。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
眼がつぶれてるかも。
これじゃあ里親見つからないかも。
けど、ほうっておくことは出来ない。

ともかくまずは病院だ。
家で一時期飼い主が見つかるまで保護するにしても、衛生状態の良くない猫の持込で、カイザーに何かあったら困る。
眼だって、もしかしたら何とかなるかも?

自宅から小さなダンボールを見つけて、その中に子猫を入れて、カイザーのかかりつけ病院に「今、拾っちゃったんです」と運んだ。

幸いにも、眼は大丈夫で、目薬で治るらしい。
健康診断をしてもらい、特に異常も無い事がわかった。
(検便等して、虫もいないとのこと。)
目薬を出してもらい、猫のおおよその月齢と飼育方法を聞いた。
(猫はオスで多分2~3ヶ月と言ったところ。餌はもうカリカリで大丈夫らしい。でも小さいからとうぶんは洗っちゃいけない。去勢するなら10ヶ月くらいになってから。)
里親探しをする場合は、病院にも張り紙の許可をもらった。


ふ~。
さて、これからどうしよう。

眼が治っていない子猫と、それをおもちゃにしかねないカイザーの接触は避けるべき。
子猫ちゃんには申し訳ないけど、小さなケージでも購入してそれに入って暮らしてもらおう。
眼が治ったら、かわいい写真を撮って里親探しするか…。

早速ケージを調達しようと、ホームセンターへ向かう途中にふと思いつく。

旦那の末の弟、以前会社で猫を飼っていたっけ。
灰色のオスで、ちょっと毛の長い子だった。
不運にもその子は、会社の敷地内を無断で交差点ショートカットのために横切った車に轢かれて亡くなった。

義弟君はその後、猫を飼ってない。

彼なら、彼に里親探しを頼めば。
九州で知人の少ない私よりももっと見つけやすいだろうし。
猫用品も持ってる。
里親探しの間に情が移れば、そのまま飼ってくれるかもしれない。

( ̄ー ̄)ニヤリッ

ホームセンターの駐車場で、義弟君に電話する。

事情を話し、目が治るまでの治療費も面倒見るから、私は猫は飼ったことがないからと、頼んでみた。

義弟君の返事は(>Д<)ゝ”ラジャー!!だった!

ラ━━━━━━ヽ(´∀`ヽ)━━━━━━ン !!!!!

早速仕事中の義弟君の元に子猫ちゃんを配達~!
(勿論了承済みですヨ。)

片目が目やにでつぶれてるけど、それ以外はかわいい子猫だ。
義弟君もまんざらではない様子。
ヨッシャー!

これで一安心。
里子に出すか、義弟君が飼うか、どっちにしても子猫は安泰!


も~、本当にドキドキでした。
子猫なんて拾いたくないもん。
拾ったら、責任が出来ちゃうから。
責任を全うできないようなことに首を突っ込むものじゃないのはわかってるもんね。

でも、眼がつぶれてたら、里親がどうしても見つからなかったら、家で飼う覚悟で拾いました。


多分、我が家の近所の猫屋敷関係の子猫なんだろうな~。
野良猫の餌付けして、未去勢・未避妊で放し飼いしてるお宅なんです。
(その地域では猫屋敷として有名です。汗)
その家の周りは猫だらけ。
戦いに負けた猫なんかが、我が家の敷地に逃げ込んだりしてます。
(お陰で敷地の裏手は猫の糞だらけ。怒)
怪我や病気の猫は野垂れ死にしていってるようです。

全く、誰かどうにかして欲しいもんですよ。
家は、2度と拾いたくないですよ~!
子猫に罪はないけれど、他人の尻拭いなんて真っ平です。
凸(゚Д゚#)
[PR]
by vanitybox | 2009-05-16 18:45 | いろいろ | Comments(5)
Commented by inugoya4johan at 2009-05-16 22:39
もぅぅぅぅ~~
ドキドキしながら読んだやーん。
ほっとしたぁ!
猫かわいいよ~
実は中学生の頃から家にはずーっと猫のおる生活やってん。
そやから猫飼いたいねんけどおぃさんも大家さんも
キライやから無理やねん。
でもmiyukiさんて案外飼ったら猫にはまりそな気もすんねけど・・・?
Commented by vanitybox at 2009-05-17 23:02
たまさん

私ねー、猫って飼ったことがないのよねえ。
ペットとして飼うなら、犬の次は猫が好きなんだけど。
(ハムスターとか、鳥とか、他の動物は興味全くなし。)
縁がなかったもんで。

カイザーを飼う前、どうしてもペットが欲しくて。
犬じゃなくても、野良猫の子猫でも拾いたいって思ってた時期もあったんだ。
でも、結局拾うことがなかったの。

飼ったことがないから、余計にイメージで思っちゃうのが。
猫はご飯時くらいしか甘えてくれなくて、クールな感じ?
家の旦那も猫に対してはそういうイメージしかなくて。

「のべつまくなし、飼い主の愛情を求めてべったり」してくれる犬の方が、我が家的には好みと言う感じです。
(カイザーの甘え方ですら、まだ足りないと思っているくらいなのヨ。w)
Commented by vanitybox at 2009-05-17 23:02
たまさんへ 続き


あとはー。
カイザーを迎えるときの「熱情」みたいなものが、猫に対してはまだ無いので、飼うべきじゃないかな~とも思ってます。
「絶対欲しい」「意地でもちゃんと育て上げる」みたいな熱意を持ってない限り、動物迎えちゃいけないんだろうな~と。
カイザー一筋で、他に愛情をもてないような気もするしね。

ずっと1頭で愛情独り占めで育ったカイザーだから、他を迎えると影響が怖いってのもあるかな~。
(ストレスになって、体調悪くなったりするのが心配。大丈夫なのかもしれないけど、リスクを考えるとやってみようとは思えないの~。)
Commented by birdy at 2009-05-18 13:43 x
miyukiさん こんにちは~
お久しぶりです。

文章を読ませていただいて、思わず里親に立候補するかな?
と決意した所でした。
良かった~弟さんにもらってもらえて~。

無責任な人にはほとほと困り者ですね。
何とかならないものなのでしょうか。

そういう人とは原語が合わないので話をしても無駄なのでしょうが、
何とか鉄槌を食らわせてやりたいと思ってしまいます。

でも、良かった~。

miyukiさんの体調は如何ですか?
大きな手術を控えていらっしゃるようなので、
無理はしないで下さいね~。

私も近々検診に行こうかなと思っています。
気が重いですけどね~。
Commented by vanitybox at 2009-05-18 19:53
birdyさん

いやいや。
まだ義弟君は飼い主になる気にはなっておらず、当面の飼育をしてもらっている状態なのです。
私が満足に世話できる状態じゃない(小さな子猫を育てた経験・猫を飼育した経験が無い)から、経験者の手にゆだねただけなんです。
拾ったのは私だし、義弟君に無理強いさせる気もないので、眼が治り次第、里親募集のつもりです。


眼が治るのは嬉しいけど、拾ったことで自己嫌悪に陥ってます。
自分で飼えない、人に頼らざるを得ない状況で、拾っちゃうのは偽善で自己満足だったよなあと。
「いいことしたわ~!」なんて思えないです。
今回は私が気づいただけで、同じような状況で死んでいく子はいっぱいいるんでしょうし。
近所づきあいもあるから、きつく言うわけにも行かないし、所詮何も出来ないなーと。(´・ω・`)ショボーン
拾ったことも、近所には秘密にしてます。
拾ったってことが近所に知れ渡ると、「拾ってくれる家なんだ」と、わざと捨てていかれる可能性があるらしいです。
(きりがないから、もう拾っちゃ駄目だと旦那に諭されました。涙)

話は変わりますが、体調はいたって良好、元気です。
<< ようこそここへ~、クッククック♪ Ed Hardy >>