<< ただいま~! 準備、準備ぃ~! >>
子猫、その後。
人生初の拾い物で書いた、子猫のその後。

知人に当たって貰い手見つけますよ~と言っていた義弟君。

なかなか居なくてね~とも言ってた。

拾っちゃったのは私だから、当然里親探しは協力する気でいた。


が、入院・手術で、しばらくは何も出来ず。


現在どうしているかというと。

相変わらず、義弟君のところにいる。

義弟君と添い寝したりして、とーっても懐いてるらしい。


そして義弟君、意外とへそ曲がりなのか、素直に「僕が飼います」とは言わない。

前の猫のほうが利巧だった、毛が長くて容姿も綺麗な猫だったと言うんだけどね。


でも、見てると可愛がってるのはミエミエ。

ちょっとお高い自動給餌器を買ってあったり(義弟君はたまに撮影会等でお出かけするので、その時用らしい。親と同居してるけど、親には猫の世話を頼まないのだ。)、田舎は子猫用フードがあまり置いてないのだけれど、飽きないようにと、色々選んで探してるみたいだし。
留守番(仕事)時も退屈しないように、義弟君手作りのオモチャを設置していたり。
子猫のために、オーディオの配線をカバーしたり、カメラ機材の収納を変えたり。
(それまでは防湿庫は置いてなかったのに、大型のを購入して、子猫がいたずらできないようにした。)

臨時預かりだったらそこまで買うことないのにな~って思うけど、彼は何故か、色々出費しながら子猫と暮らしている。

ここで「飼うんでしょ?」と聞くのもなんだし、「私が飼い主探そうか?」と言うのもアレだし。

いつでも手助けするつもりで、生暖かく見守ろうと思います。


ちなみに、子猫は「ネコ」と呼ばれています。
これが名前になっちゃうんだろうなあ。
(彼が前に飼っていた子も、名前は「ネコ」だった。w オスで。)
[PR]
by vanitybox | 2009-07-06 11:41 | いろいろ | Comments(2)
Commented by birdy at 2009-07-06 12:03 x
miyukiさん 退院おめでとうございます。
大変でしたね。

私もあれから検査に行ってきました。
筋腫が2つありましたが手術には及ばず。との事で複雑な気分でいます。
とにもかくにもお疲れ様でした。
どうぞお体おいとい下さい。

ニャンコの事も気になっていました。
どうしたかな~~って。

義弟さんの様子を伺うと・・・・
可愛がっていらっしゃるようですね。

飼う・飼わないはあえて口にされないタイプなのかな?

「ネコ」っていう名前の付け方もなんだか義弟さんの性格が現れていますね。

何かお手伝いできる事がある用でしたら連絡くださいね~。

miyukiさん くれぐれもお大事に~
Commented by vanitybox at 2009-07-06 12:12
birdyさん

あら、そちらも筋腫ですか。
今の女性には、本当に多いらしいですね。
よほどの自覚症状と、大きさがなければ、手術はしないらしいですね。
私もまだ4個あるので、閉経するまでは様子見しながらお付き合いです。

ニャンコ、すくすく育って、幸せそうに暮らしていますよ。
可愛い盛りを過ぎてしまえば、そうそう貰い手がつかないことは義弟君もよくわかっていると思うので。
そうなるまで手元に置いていたら、見守ることもしなくていいんだろうなと思ってます。

ちょっと素直になれない寂しがりや…が義弟君の性格だと思います。

ツンデレなのかなあ?(^m^)ぷぷぷ
<< ただいま~! 準備、準備ぃ~! >>