<< ツイストントリート タイタン~! >>
どっひゃ~あぁ
今日は、朝から動物病院に行ってきた。
なぜかと言うと。

一週間前くらいから、カイザーの背中には出来物ができていた。
ちょっと油っぽいものを多く食べたりすると、人間と同様に「ニキビ」が出来るカイザーなので、いつものことだと思っていた。
けれどその出来物は、いつまで経っても引く気配が無い。
ニキビなら、一週間もあればかさぶたになるか、腫れがひいてしまっているはずなのに、いつまでたっても「ぷっくり」としたままなのだ。
そして昨日の晩からは、赤くなり、体液もにじんできたように見えた。
(カイザー自身が噛んでいる気配もあった。)

なので、軽い気持ちで病院へ行った。

いつもの先生に診てもらうと、一目見るなり「にきびではないですね」と言われた。
うんうん。
私もそうだと思ってたから、連れて来たんだよね。
腫瘍だと思います。たぶん悪性のものではないと思いますが、念のため組織を取って調べましょう。」
はい~?
腫瘍?
マジですかい?!

先生は手際よく組織を取り、奥に持っていった。
待たされること数分。

その間、私の頭はグルグル。

腫瘍って。
腫瘍って。
それってガンじゃないの?
転移とかしてたらどうしよう。
カイザー死んじゃうの?

飼い主、真っ青である。

検査を済ませて出てきた先生は「思ったとおり、良性のものですね。」と言った。
「若い年齢の個体には良く出来るもので、この状態なら切除もしなくて大丈夫ですね。塗り薬で治るでしょう。」

良かった~!良性だ。カイザーは死ななくて済む。
ほっと一安心である。

我が家の管理が原因だったりしないのか、今後のためもあるので聞いてみたけれど。
特に原因があるわけでないらしい。
食事のせいでもないらしいので、ご飯も今までどおりでいいらしい。
治すのに相当時間がかかるかと思ったけれど、1ヶ月くらいで治る様だし。
塗り薬で出来物が消えない場合にのみ、切除を考えましょうと言われた。
1月の展覧会には間に合いそうなので、良かった~と思いました。

いや~。
まさか自分の犬に「腫瘍」ができるとは思いもよりませんでした。
しかも、あんなニキビみたいなものだなんて。
こぶみたいに大きくなるものだとばかり思ってました。

これを読んだ皆様も、お気をつけください。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-12 13:29 | 愛犬と私 | Comments(0)
<< ツイストントリート タイタン~! >>