<< 整備終了! 旦那の誕生日。 >>
幹之(みゆき)メダカその後
確実に大きくなり、さらに数が増えています。
もう水槽が足りないので、発泡スチロールの箱でも育てています。
b0004752_9495149.jpg

これだけで、大小合わせて50匹ちょっとの稚魚が入っています。

毎朝、親めだかから採卵し、孵化用プラケースに卵を入れて。
稚魚が孵化したら、成長サイズごとに4種の水槽で育て、全長が1.5センチ以上になったら大きいケースに移動して成長させています。

…地味な作業やのぉ~。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

大きい稚魚は、すでにヒレ光・体内光らしきものなんかが出てる子もいて、結構グレード良さそうになってます。
と言うのも、家の親めだかの親は、幹之メダカ青系の「強光」(背中に光のラインが長く入る)で。
家の親メダカちゃんは、強光の間から産まれた「中光~弱光」(強光に比べるとラインが短い)なのです。
なので、遺伝子的にはいいもの引き継いでる可能性は高いわけで。
我が家で「強光」が産まれる可能性も十分あるのです。
(幹之めだかの強光はいいお値段します。点光~弱光でも一般的には1匹500円そこそこで売買されてます。)

中にはすごく魚体の青が強そうなのもいるし~。
大きくなるのがとても楽しみになってきました。(・∀・)
[PR]
by vanitybox | 2011-06-30 10:04 | いろいろ | Comments(0)
<< 整備終了! 旦那の誕生日。 >>