<< どんより… そういえば >>
身内の死
今日の午前3時に、私の父方の伯父が亡くなった。

父方の親戚は色々あって、私の両親の代から疎遠になっていた。
だから私は、伯父が病気になっていることすら知らなかった。

私が幼い頃はまだ付き合いがあったのだけれど、もう20年くらい、まったくかかわりの無い伯父だった。
まるで他人と言っていいほど、その存在は無縁な物だった。

死因は癌だった。

これを聞いて、私はほっと胸を撫で下ろした。
というのは、私の母は姉さん女房でその伯父と同い年なのだ。
何の病気でもなく亡くなってしまったのなら、どうしても自分の母のことが気になってしまう。
同い年だから、私もそろそろ覚悟をしなければいけないのかと考えてしまうからだ。

伯父は67歳だった。
現在のの平均寿命から考えれば、けっして大往生とはいえないだろう。
病気だったのだから仕方が無いけれど。

ちなみに。
父方の祖父の死因も癌である。
父方の血筋は、どうも癌体質らしい。

そして。
私の母方は。
結核、過労死など、病弱っぽい。

なので。
どう転んでも、私は長生きできないような気がする。

そんな私の旦那の方は。
亡くなった祖父母、100歳近くまで生きているので大往生と言えると思う。
(だいたい、私の方の祖父母は、私が大きくなる前にすべて亡くなっているのだ。母方で、早くに亡くなった祖父などは34歳。母が子供のうちに亡くなった。父方の方で長生きしてくれた祖母でさえ62歳で亡くなっている。)
九州という恵まれた環境のせいなのか、血筋なのか。
たぶん旦那も長生きしてくれるであろう。


絶対私を見取ってもらえるよね。
見取ってくれるよね。
約束だよ~。
先に逝ったら、許さないからね!

こうやって日記を書いていたら、旦那から電話が来た。
会社の健康診断で引っかかったって~。
もー。
だから日ごろから注意してたのに。
駄目じゃん。
これを機会に、節制してね。

あなたは私より先に死んではいけませんよ!
[PR]
by vanitybox | 2005-02-22 18:31 | いろいろ | Comments(0)
<< どんより… そういえば >>