<< 結婚式 毎度おなじみ >>
タイタンは
何から何まで、「タイタン」だった。

以前から日記に書いていたように、ライトクラッチを装着すべく、近所のショップに持って行った。
ショップの主いわく、「タイタンだからねえ。開けてみないと付くか付かないかわからないから、ともかく一度持ってきて。」と言うことだったので。

当初はMRCにするつもりだったけど、せっかくだからVPにするつもりだった。
ダービーカバー(?)を開けてもらえば、装着すべき品番が明確になると、軽く考えていた。

だが、しかし。

開けて見えたのは、鋳物で作られた、タイタン専用パーツ。
彫り込みなどではなく、鋳物で作られたそれにしっかりと「TITAN」のロゴが浮き出ていた。
ノーマルのハーレーのそれとは、まったく違うものが仕込まれていた。
カバーだって。
ビレットで「TITAN」のロゴの入っているもので、裏にはクリアランスを確保すべく加工が施されている。
VPが入る隙間は無かった。(涙)
ノーマルのカバーに換えて、加工をすれば、VPを仕込めるかもしれない。
けれど、せっかくのタイタンロゴ。
はずしてしまっては意味が無い。

タイタンを、少しでも3拍子に近づけようと、そういうパーツの取り付けが出来るか見てもらったこともあったが。
その時も。
開いた場所にあったのは、タイタン専用パーツで、諦めざるを得なかった。


そもそもタイタンは。
ノーマルハーレーを購入して、カスタムをして行ったら結構な金額になるから。
あらかじめカスタムされた車両を、ノーマルからカスタムしていくよりはお手ごろで提供しているものだろう。
それゆえに。
ハーレー暦の浅い私が見てわかるくらい、「お金のかかっているところ」「値段を抑えたパーツを使っているところ」があるのだ。
全部高いパーツで固めていたら、あんな価格で済むものではないから、それは当たり前だ。

だから。
そんなにもあちこちに「タイタン専用」のパーツがちりばめられているとは思わなかった。
素人目には、どう見たってハーレーだし。
ちょっと見た目が派手なくらいで、隠れた部分なんかは大していじってないだろうと思っていた。

甘かったよ…。・゚・(つД`)・゚・  

MRCも、果たして付くかはわからない。
とりあえず、イージーに確認してみることになった。

もし付かなかったら。
残る手段は油圧クラッチ。
レバー周りはパフォーマンスにする予定だから、それの油圧クラッチをつけるしかない。
油圧でないものと比べると、お値段は…どーんと高くなる。
そこまでかけていいものか。
私はこのタイタンを一生乗るだろうか?

それでなくとも、ショベル購入をもくろみ、「タイタンのフロント21インチ化」、「タイタンのヘッドライトをスペシャルなものに交換」、「タイタンの更なる塗装」、「タイタンのブレイド号化」を考えているのに。

とうちゃん~、どうしよう?
ともかくかあちゃんは、出来るだけバイト頑張ります。
タイタンの「シャンシャン」言う金属音も、サイレンサーが踊っているだけと教えてもらいました。
アイアンテイルさん、クラッチの調整はしてくれたんで、ニュートラルは少し入りやすくなりました。
(工賃はサービスでしてくれました。ありがたいね。)
バッテリーが弱っている以外は、特に異常も無いそうです。

かあちゃん的には、タイタンお気に入りだよ。
アイアンテイルさんにも、「女性で~」って褒められてるよ。
出来れば大事に長く乗りたいなあ。

今すぐどうこうしてくれとは言いません。
ライトクラッチが駄目なら駄目で、頑張って乗るよ。

でも。
今後、どういう方向でカスタムしていくか、よ~く検討お願いします。m(__)mぺこり
[PR]
by vanitybox | 2005-03-27 01:05 | 鉄馬と私 | Comments(0)
<< 結婚式 毎度おなじみ >>