<< 阿蘇チョッパーズ ミーティング... 隠れ家 >>
阿蘇チョッパーズ ミーティング 一日目
今回のミーティングが、チーム「DRAGON」としての初のイベント。
メンバーみんな、ウキウキ・ワクワク。
チーム「明王」の方々と合流し、みんなで阿蘇へ向かう。

背中の看板はお揃いの「HELLS CHOPPER」。
スカルがデザインされたその看板は、最高に格好いい。
(HELLS CHOPPERとは、連合のようなものです。その中にチームは複数ありますが、背負う看板は一緒。フロントのワッペンにのみ、各チーム名が入っています。)

この日のために素晴らしいカスタムを間に合わせた、「明王」のリーダーの方の車両が、途中で残念ながらマシントラブル。
スタンドとカーコンビニをやっているお店で預かってもらい、人間はタンデムなどで現地へ向かう。

菊池渓谷あたりから、どんどん気温が下がっていく。
会場に近づくに連れ、寒さはますます厳しくなり。
きちんと上着を持っていって良かったな~と実感。

到着後は、出店ブースを覗いた後にお食事。
大川を2時過ぎに出たから、現地入りしたのはもう夕方だったし、いいお食事タイム。
車部隊が到着することを気楽に考えながら、食事した。

レストランは8時くらいで閉店になった。
お客は皆追い出される。

そして、車部隊の到着はもうすぐかな~なんて思っていたけれど。
まだまだかかるらしいことが判明した。

夜の阿蘇は冷える。
山だから、当然に。

上着も、テントも、食料も、飲み物も。
すべて車部隊。
現地にいるメンバーは、寒さの中することもなく、行くところもなく、ひたすら待つのみ。
き、厳しすぎる~!
まるで、遭難した人間が、救助のヘリコプターを待っているかのような状態。

車部隊が到着したときの喜びようったら、なかったです。

待ちこがれた荷物が到着するやいなや、みなものすごい早さで作業を進める。
テーブル・ライト・テーブルの設置。
テント張り。
あっという間に準備が整い、そこからは宴会。

我が家のダイナを購入してくれたtokuさんが、御家族連れで見えられて馬刺を提供。
いや~、豪華でしたよ。
めちゃ、ウマウマでしたー。

が、しかし。
あまりの寒さに宴会も短時間で終了。
みなそそくさとテントに入り、就寝となったのでありました~。

明日に続く。
[PR]
by vanitybox | 2005-05-02 23:56 | 鉄馬と私 | Comments(0)
<< 阿蘇チョッパーズ ミーティング... 隠れ家 >>