<< 今日は母の日 足がない >>
naomi その後
naomiはいつも、隠れ家の敷地内にいる。
もうここが住処と決めてしまったように。

朝起きて、外に出るとまずお出迎え。
敷地内のどこからともなく小走りによってきて、「にゃあ~ん、にゃぁ~ん」。
起きるのが遅ければ、入り口の外で呼んでいる。

だいたい猫なんて、ご飯の時にしかそんな甘え方はしないと思っていたけれど。
naomiはとても饒舌で、いつもおしゃべりしようとしている。
常に足下にまとわりつき、「撫でて、撫でてぇ~ん!」の連発なのだ。
食事すらも、見ていてもらって撫でられながら…というのがお気に入りらしい。

なんか、これって、我が家にいるもう一匹と同じ性格?

確かに甘えてくるしぐさは可愛いし、犬っぽい性格は、私が好んだところだ。
でも。
ちっとも猫らしくなく、ひとときも人間から離れようとしないその様子は、カイザーにとって脅威となること間違いなしであろう。

絶対、奴にとってのストレスになるはず。
これじゃあ、一緒に飼うなんて絶対無理!

隠れ家に来る、バイク仲間の誰かに飼ってもらうことにしよう。
家族ぐるみで可愛がってくれている人はいるし。

ごめんよ、naomi。
我が家に君は無理のようです・・・。
[PR]
by vanitybox | 2005-05-07 23:47 | いろいろ | Comments(0)
<< 今日は母の日 足がない >>