<< 帰宅が近いとなれば ブレイド号との再会 >>
もうすぐ帰宅
結構たっぷり滞在期間を取ったつもりだったけど。
もう明日の夜には千葉へ帰ります。

何度来ても思うけど、九州滞在ってあっという間だわ~。

で。
今宵は旦那の実家でお食事会。

本当は行きつけのお店でお食事の予定だったけど、今日は店休日だったらしい。
ほかのお店にしようかという案もあったようですが、どこもいっぱいらしくて。
やむなく実家で開催となりました。

お昼を過ぎた時点で、お父様からお呼びがかかる。
何でも今晩のお食事用のお魚を買いに行くのに、お供をしなければならないらしい。
お父様のことは、いい人だとは思っているけれど、緊張しちゃうから二人っきりでお買い物なんて避けたかったのだけれど。
旦那からの命令もあり、お供することに。

いったいどんな役割をさせられるのかと思っていたら、なじみの魚屋さんに一緒に行って、魚を決めるときに一言二言発言しただけ。
別に私がいなくてもどうでもいいような感じだったのだけれど。
そんなことでもお父様なりに楽しかったのだろうか?

買い物は30分もかからずに終わったし、その後はすぐ解放された。
後は夕方に旦那と伺うだけだ。

確かに旦那の実家は、息子ばかりで。
女の子はいない。
でも。
だからって。
赤の他人である、息子の嫁の私がそんなに可愛いものだろうか?
(しかも。可愛い息子よりも年上の、孫も産んでくれない、遠くに住む嫁だ。)

うーん。
なんだか、あまりに可愛がってもらえているようで、よけいに恐縮してしまうよ。
お父様もお母様も、とっても優しいんだもん。
そんなに優しく大切に思ってもらえるなんて考えてなかったよ。
(私の頭の中の予想には、昼メロなどで見られる嫁・舅・姑のイメージがあったので、せめて当たり障りの無いように…ってくらいしか考えてなかった。)

人生、強運で生き抜いてきた私だけれど。
ここに来てまた、強運?
義理のご両親に恵まれるなんて、超ラッキーかなあ。
[PR]
by vanitybox | 2005-05-10 16:07 | いろいろ | Comments(0)
<< 帰宅が近いとなれば ブレイド号との再会 >>