<< バイクヘヴン初日 出発その後…後半 >>
さらに続くよ、トラブルは
12日早朝、フェリー乗り場に旦那が迎えに来てくれる手はずになっていました。

が。
深夜4時も過ぎた頃、旦那から電話が。
「かあちゃんって、JAFの会員じゃなかったっけ?」
ううん、違うよと伝えると、すぐさま電話は切られた。

JAFって。
JAFだよね。
車が壊れたときとかに呼ぶ、アレだよね。

って、とうちゃん事故?
なんで?
どして?

着岸するまで、眠れずに過ごした私。

船室からバイクの格好に着替えて出る私よりも早く、旦那はタイタンのそばへ行き、積みおろしてくれていました。

ほっ。
とうちゃんは無事だ。
でもさっきの電話は?

駐車場に行くと、見慣れない車が。
あれ?
白いトランポ。

あー、どこからか借りてきてくれたんだ。
わーい。
これでタイタンを積んで帰れるんだ~。




早速、トランポにタイタンを積み込もうとする。
どうしてもバランスが取りにくいから、旦那に跨ってもらい、私が押すけどうまくいかない。

旦那は機嫌が悪くなる。

旦那は跨らずに横から押すことにし、それを私が後ろから押して、やっと積込みが出来ました。

さー、後はラクチンだね。

安心する私の横で、異常に機嫌の悪い旦那。

実は。
前日は青年会議所の用事で遅くまで忙しかった。
不動のタイタンのために、HELLSの大将に手配してもらってトランポを借りた。
青年会議所の用事の後、トランポを借りに行き、寝ずにそのまま迎えに来ていた。
とどめは。
借りたトランポを、たまたま縁石に乗り上げてしまい、トランポから異音が。

それらはすべて、かあちゃんのわがままで、不動のバイクを運んできたせい。
沢山の人に迷惑を掛けて、しかも運悪く車も調子悪くしてしまったから、修理代は出ていくし。

バイクさえ置いてくれば、こんなに大騒ぎにならなくて済んだのに。
たかが2日間のためだけに、不動のバイクを持ってくるあんたは何を考えてるのと。

新門司から、延々30分以上、お説教が続きました。

もう、これ以上不幸は無いって位、私は落ち込みました~。


でも結局、トランポは運良くひどい故障でなかったので、すぐに修理も出来ました。
修理代も、たいしたことが無くて済みましたし。
ベストにHELLSのワッペンを縫いつけるのも、ワッペンが早く到着したおかげで、へヴンに間に合うことになりました。
あとは、レギュレーターの到着と交換有るのみ。

お願いだから、レギュレーターだけのことであってね。
取り付けも、簡単に済みますように。

P.S
HELLS大将、ご迷惑をおかけして済みませんでした。
そして、本当に有り難う御座います。
[PR]
by vanitybox | 2005-08-13 00:33 | 鉄馬と私 | Comments(2)
Commented by very very at 2005-08-14 00:31 x
あちゃ〜!大変でしたね 悪い事は続けておこるもんですね
落ち込まないで気分転換して ヘブンを楽しんでくださいね!!
悪い事の後はいい事がありますよ〜〜!
Commented by vanitybox at 2005-08-16 10:42
その通り!
バイクヘヴンでは、かなり楽しめて、サイコーの時間を過ごせました。
へこんだことなんて、吹き飛びましたよー。

楽しかった~♪
<< バイクヘヴン初日 出発その後…後半 >>