<< 虎の穴、その二 作戦、決行~! >>
虎だ!虎だ!お前は虎になるのだ~!
昨日日記を書いた後、ドーベルマンつながりの知人と深夜のお茶に出かけた。

帰宅したのは午前4時過ぎ。

…。
寝たら、試着の予約を入れてる時間に起きる自信が無い。

一日ぐらい、起きっ放しで頑張るか~♪

一睡もせず、身支度を整え、予約時間に余裕を持って出発した私。
勝手知ったる「ららぽーと」。
特に迷いもせず、予約の30分前には店舗に到着した。

頭の中には

白いマットの~ ジャ~ングルにぃ 今日も 嵐が 吹き荒ーれーる

虎の穴に入る気持ちなので、テーマソングは「タイガーマスク」が流れる。(笑)


お店の感じは。
ビルの一室。
8階なので眺めもよく、室内はカフェラウンジ風にあつらえられていた。
1~4まで、番号をつけられたフィッティングルームが伺える。

まあ、小奇麗よね。

壁には「一緒に頑張りましょう」みたいな手書きのポップがあり、戸棚には下着がディスプレイされていた。

私の接客に当たったのは、20代前半~中ほどくらいの、若い女の子。
説明の仕方、接客態度などを見ても、キャリアはまだまだと言う所だろうか。
(決して態度が悪かったり、下品などではないけれど。初々しさと、高度テクニックを使っていないトークに、それが伺える。)
この担当の女の子の体型自体は。
いまどきの子である。
お尻もも小さく、足も長い。
細い割りには乳でかめ。

惜しむらくは。
このショップの売りである商品を見につけてると思うのだが。
キャミソールからミエミエの、赤のロングブラジャーが、これからの彼女の行動を予測させてしまう所か。

販売員でなかったら、販売店舗内でなかったら。
その下着の見せ方は、ファッションとしては「ア痛ター!」ですな。




試着の時間は。
おおまかに2時間ぐらいを要求される。
「ご都合、大丈夫ですか~?」
優しく言うが、逃すつもりは無さそう。
お茶を出し、ゆったりとした雰囲気で、会話スタート。

名前も。
たぶん販売マニュアルにあるのだろう。
苗字で呼ばず、敢えて下の名前に「さん」付けする。
親近感を持たせようと言う作戦だろう。

友人と盛り上がり、判子をつかせてしまう。

なかなかに手堅いいい作戦だ。


アンケート用紙に記入(何故知ったか・補正下着は知っているか・下着で悩んでいる点等)をさせられ、いざ採寸となる。

フィッティングルームは。
2畳そこそこで、2面に大きな姿見がついている。
壁にさりげなくメジャーがかけられており、「ああ、これで測られちゃうのね」って感じ。
バスローブも備え付けられていました。

アンケートの時にも、しっかり記入したんだけれど。
miyukiの最大の悩みは「胸」ということで。
そこだけやってもらえれば良かったんだけど。

予想通り、おパンツいっちょになって、全ての採寸をさせてくれと言われる。

うーん。
この貧相な身体を人目に晒すのは、正直言ってかなりきつい。
が。
せっかく来たんだし。
胸以外も色々テクニックを盗めるはずよねと。

姿見2枚に映し出されながら、おパンツいっちょにヘンシーン!

優しい言葉をかけられながらも、容赦なくあちこち採寸されちゃいました~。(T_T)シクシク

実際に出された数字を見て、miyukiは愕然。

え?( ゚д゚)

自分が思っていた数字よりも、体型が崩れてる~。

この時点で、「もしかしたら買っちゃうかも」。
なんか、そんな風に思ってしまいました。

藁にもすがりたくなったのよね~。


次に続く。
[PR]
by vanitybox | 2005-10-05 23:29 | いろいろ | Comments(0)
<< 虎の穴、その二 作戦、決行~! >>