<< 超熟睡。(生理用品の名前みたい... ほしいリゾート >>
たまにはね。
いっつも旦那不在で。

自由気ままに、愛馬を操り、愛犬と戯れる。
たまに、ほんのわずかな事務処理だけをこなして、後は自由時間。
そんな生活。

気楽と言えば、気楽だけれど。


相思相愛のカップルが送る生活ではないわ!

旦那のためにも、物分りのいい、役に立つ女房を務めているけれど。

…たまには、センチメンタルな気分にもなるさねえ。


そんな時のお助けアイテム。

旦那愛用のトワレ。


これさえ吹き付ければ、私はパブロフの犬。

脳天に刻み込まれた、交際時の甘い思い出と、今現在の旦那の姿。
すべてが私を取り巻いて、甘美な刺激を与える。

それなりの一流ブランドの香りだけれど、旦那以外の人がつけているのを嗅いだ事が無い。

この香りは、旦那だけの香りと認識している。


香水の類は、つける人の体臭と混ざり合って、その人独自の香りに変わると言う。
だから、旦那以外の人がこの香りをつけていても、たぶん私は反応しない。

旦那がつけた時のみ、私を惹き付けるこの香り。
まさにフェロモン。


今日はその香りを身に纏い、ゆったり過ごしてみようと思う。
(勿論、私がつけたのでは旦那とはちょっと違う香りにはなるんだけどね。しょうがない。)

うーん。
でも。
かえって眠れないかも。
(〃 ̄ー ̄〃)




恋しい恋しい旦那様の、かぐわしい香りを身に纏ったら、声が聞きたくなりまして。

頻繁にはかけない、ラブラブコールをしてしまいました。


声優さんみたいな、本当にいい声とは違うけれど。

誰とも間違えない、唯一のセクシーヴォイスを耳にして。

ニコニコよーん。
(*´∀`)アハハン♪

これで当分、一人で頑張れるわ~。
[PR]
by vanitybox | 2006-06-06 20:55 | いろいろ | Comments(0)
<< 超熟睡。(生理用品の名前みたい... ほしいリゾート >>