<< ブルスカ、2日目 結局 >>
ブルースカイヘヴン!!!一日目
眠らずに、起きっ放しで出発なのに。
いつもにも増して、元気いっぱいの私。

そりゃ、そうだ。
空は快晴、久しぶりのツー&キャンプ。
気温と一緒に、気分の上昇だって当たり前。
この日のために、皆で計画を練り、楽しみにしていたんだもんね~。

キャンプ用品をコンパクトなもので新調したお陰で、品数の割には積載量は少なめ。
ヘタレmiyukiでも、まず無理の無い荷物量。
これなら、誰にも迷惑かけることなく着いて行けるだろう。
(この時点では、まさか…なことになろうとは、予測だにしておりませんでしたわ。)

ガレージに爆音を響かせ、タイタン始動。
今日も元気だ、充電器よありがとう!

目指すは、千葉組第一の集合場所。
中山競馬場近くのコンビニへ、「晴れマダム」出撃~ぃ!

朝の日差しを浴びて、きらきらと七色に輝く車体。
「スケベイス」とあだ名される、レインボーラメが本領発揮できるお天気。
信号待ちする間にも、道路わきのお店のガラスに映るタイタンに、うっとり~。

気分上々でコンビニにまでたどりついた。

いた、いたいたよ~。
今日の青空よりもまだ青い、目に染み入る鮮やかなブルーのワイドグライドが。
早速ワイグラさんとご挨拶して、しばし歓談。
銀馬の騎士の到着を待つ。

そうこうするうちに、辺り一帯の空気を揺らす「ドドドドドドドドド…。」の地鳴りが聞こえてくる。
その姿よりも先に到着を知らせる音の持ち主が、やっと姿を現した。

銀色の車体に、これでもかのメッキパーツ。
マッチョなモンスターダイナ、シルバーさんだ。

この場での待ち合わせ面子はこれで全員。
ちょっと挨拶を済ませたら、第二の集合場所、港北PA目指して走り出す。

下道を千鳥町まで走り、そこから湾岸に乗る。
首都高を抜けて、東名へ。

東名までは、そこそこ快適な流れで。
調整をしたタイタンを、少しばかり様子見。
…たぶん、大分マシになってるような。
これなら、今日のツーでも足を引っ張らずに走れそう。
挙動の一つ一つを確認しながら、ブルスカに行くと思われるほかのバイカーたちを目にしながら、東名高速に入った。

ああ。
やっぱり。

東名は、よりにもよって事故渋滞。
すり抜け必須だ。
(つд⊂)エーン

miyukiは。
すり抜けは出来ないわけではない。
ちゃんと幅の狭い車体のバイクなら、どうにかこうにかはついて行ける。
けど、けど。
タイタンは、きついです~。
幅の広めなハンドルに、ハンドルよりも外に出ているミラー。
おまけにそのミラーの高さは、乗用車のミラーの位置とピッタリんこ。
それに。
旦那に心配かけてはいけないと、常日頃は安全第一。
貰い事故などしないように、すり抜けはしない事にしています。
当然、すり抜け経験が少ないから、上達もありえないのだ。

それでも、団体行動。
友人たちに迷惑はかけられないので、すり抜けを敢行する。
タイタンの爆音に助けられながら、無理をしない程度で、車の間を走り抜ける。
(後ろの人に、「遅くてごめんなさい」と、心の中で謝りながら…。)

どうにかこうにか、港北にたどり着いた。
ココで面子は、一気に増える。
仕事の予定があるからBSHには参加できないダイナさんが、お見送りに来てくれてたよ~。
一通りの挨拶を済ませて、一息つく。
そしてシルバーさんが点呼を取り、確認を済ませて次の海老名に出発。

勿論またもやすり抜けだ。
miyukiは心で泣いていた。
うう。

んが。
ここで救世主登場~。
miyukiの直前を走ってくれたのは、ワイグラさんのご友人。
カウル付きの、ツアラー!
いくらタイタンがすり抜けしづらいと言っても、ツアラーをよけてくれたあとの空間は、ヘタレでも楽勝。
それに、今度は渋滞も長くはなかった。

いい感じに走りながら、海老名到着。
集合場所は、こんな感じで~す。
b0004752_15202660.jpg
b0004752_15454277.jpg


ちょっと休憩、給油を済ませてから、大所帯で出発~♪

お見送りダイナさんは、ココまで来てくれて、そして帰られました。
おつかれさまです。
m(_ _)m

高速は大井松田で下り、スーパーに寄って買出し。
後はひたすら、富士スピードウェイを目指すだけ。

R246は快適で、スムーズに走行できました。


会場についてからは、テントサイトの確保。
昨年の場所で…と考えていたのに、到着が遅れたのでそこはすでに空きは無し。
(その場所は、トイレも水も近かったのだ。)
どうなる事かと思ったけれど、運良くまたもやいい場所確保が出来た模様。

メットやジャンバーでエリアを確保し、車両を移動させ、設営開始。

皆、キャンプ慣れしているのか手が早い。
大型タープやイス・テーブル。
コンロに個人テントなど。
すべてはあっという間に整った。

じゃあ、イベントにでも…と行きそうなものだけど。
そこはそれ、ダイナトピ。

お天道様の高いうちから、酒宴開始~!


初日は、イベント会場へ足を運ぶこともなく、ドッグタグの交換もせずに一日が終わりました。
酒類は、結構たくさん買い込んであったにも拘らず。
酒宴半ばでビールは無くなり、miyuki持ち込みの焼酎一升瓶もすぐ空になった…。

恐るべし、ダイナトピ。

一日目は結局。
深夜12時をまわり、13時になるちょっと前に、ダイナトピとしてはおとなしく宴を終えたのでした。
[PR]
by vanitybox | 2006-06-11 23:49 | 鉄馬と私 | Comments(0)
<< ブルスカ、2日目 結局 >>