<< 無事、本部到着。 出撃準備、OK! >>
台風
真夜中から、船はものすごく揺れだした。

船底がドゴンドゴンといっているし、ラウンジなんぞでくつろごうにも。
揺れに揺られて、まともに歩ける状態ではなく。

客は皆、とっとと部屋で寝ることにした。

が。
寝ていても。
揺れで体が転がって。
壁際の私は、何度も壁にぶつかって目が覚めた。

トイレには。
鏡のすぐしたに、いつもは置いてない青いビニール袋が設置されていた。

ああ、ゲロ袋ね。
船の方も準備がいいもんだ。
いつもは無いのに。
いつのまに?

船酔いしやすいわけではないけれど。
揺れればそれなりに酔うのが解っているから。
なるべく眠るように、一生懸命だった。

でも。
頭の中では。
自分よりも、バイクが心配。

誰か一速に入れないで停めた奴が居て。
そいつのせいで、タイタンが巻き込まれて倒れてるんじゃないかとか。
ぶつかってるんじゃないかとか。
タイタンにはハンドルロックがないから、動いちゃってるかもとか。

ろくでもない考えがグルグル。

そして夜は更けていった。
[PR]
by vanitybox | 2006-08-09 00:20 | 鉄馬と私 | Comments(0)
<< 無事、本部到着。 出撃準備、OK! >>