<< セール、再び! いつでも見ていてっ! >>
悩んでる人へ
とりあえず、「考え事してみてください。」。

これであなたのポジティブ度がわかります。

何でもいいから、とにかく「考えて」みてください。



あなたが考え事をした時に、その目線はどうでしたか?

水平よりも上?下?


人間は、良くないこと(なやみとか)を考えている時は、目線が水平よりも下に行くようです。
いいこと(楽しいこと)を考えている時は、水平よりも上が多いようです。


なので。

何を考える時も、「目線は水平よりも上!」を意識してみましょう。
そうしたら、今までネガティブに考えていた事も、もっと明るく捉えられるかもしれません。
目線を上にするだけで、不思議と物事に対する姿勢も変わるものですよ。
(逆に、下ばっかりしか見られない自分で考えてみても、無駄な努力に終わる場合が多いです。下しか見れないって事は、姿勢が下向きなのです。いい考えが出る状態ではありません。)

これは、かな~り昔に、テレビで著名人が言っていたのを見て、ふう~んと納得して以来、miyukiが常に心がけている事です。
(今となっては、どんな番組で、誰が言っていたかも思い出せません。)
これのお陰かどうかはわかりませんが、それなりにうまく行っている気がします。

どうしても目線が下ばっかりに行っちゃうのがわかったなら、開き直って不貞寝もありです。
(とりあえずは、リセット。もうそれ以上考えない。)

問題の解決は、気の持ちようでかなり変わると思います。

こんな感じの私ですから、「風邪と共に去りぬ」の中に出てくる一節もお気に入りです。
主人公が、悩むのですが。
悩んでも解決策はは見つからず。
とりあえずその日は寝てしまったりします。
「明日は明日の風が吹く(だったかな?)」なんて台詞があるのですよね。


悩んで、その日に解決策が見つからなくても、翌日一発で解決ということはあります。
悩むのは1日だけでなく、数日間にわたるというのも経験済みです。
(miyukiは元SEでしたから。納期の迫ったプログラム相手に悩んだことも多々ありました。が、相当時間をかけて解決できなかったことも、寝て起きた翌朝にものの5分で解決したこともあります。)

それだけ悩むということは、「産みの苦しさ」でしょうね。
よりよい物、事柄を生み出すためのステップです。

思いっきり悩んでみるのも、いい事だと思います。

で、悩んで悩んで、とことん悩んだら。
別のことでも考えて、ちょっとリラックスしてみましょう。

そうしたら、きっと、解決策が目の前に転がってくるはずです。
[PR]
by vanitybox | 2006-09-21 03:22 | いろいろ | Comments(3)
Commented by ライフはまやん at 2006-09-22 11:01 x
いろいろと読ませていただきましたが、結構自分に当てはまるところがたくさんありました・・・・よくよく考えて見ると結猫背ぎみだったりもしたかも・・・私もこれからは少し上目目線で取り組みたいとおもいます。ちなみに僕の仕事の遅さはそこから来ているのかも知れません。。たまーにですが、なんかバイクを触りたくないときがあって・・・いろいろ考えてしまったります。たとえばお客さんの乗りやすいバイクを作ることだったり、どうすれば気にいってくれるなんかを考えていると、よく頭がフリーズしたりして結局仕事を放置してしまったりと、カスタム自体は1日2日あればできるのですが、チョットプレッシャーに弱かったり・・・でもいくら悩んでも現実からは逃げれませんので、いかにうまく自分をコントロールし、テンションをあげていけばいいのかがなんとなくですがわかりました・・・ちなみにタイタンを日記に更新していますよ。
Commented by vanitybox at 2006-09-22 17:57
私ももともと小心者で、プレッシャーに弱いんですが。
上記のことだけ、おまじないのように繰り返してきました。

年齢もあるのでしょうが、多少強くなれた気がします。

はまやんさんの仕事は、皆が認めているじゃないですか。
注文の難しいHELLSの会長のバイクを、あれだけ要望どおり、いやそれ以上に作り上げて。
当人にも十分満足してもらえているのはすごい事ですよ。
私ははまやんさんが手がけたDRAGONメンバーの車両を見て、「私もこの人にやってもらいたい!」と、すぐに思いました。
いい物を作ってくれているのだから、わかる人間にはその価値は十分に伝わっていますよ。


Commented by vanitybox at 2006-09-22 17:59
ただ。
はまやんさんは「これまでの物以上によい物を」との向上心がおありだから、余計に悩みは尽きないのかもしれませんね。

悩んだ時は、過去の作品の写真と、そのオーナーたちを思い浮かべてください。
きっと、活力出るはずです。

そして、たまには息抜きも。
どうしても急ぎの場合でなければ、息抜き時間をとっても大丈夫では?

クリエイターがいい仕事をするためならば、私は多少は待てますよ。
その分注文は五月蝿くしちゃうけど~。(^m^)ぷぷぷ
<< セール、再び! いつでも見ていてっ! >>