2004年 12月 06日 ( 1 )
スパイクカラー
今回の忘年ミー、カイザー同伴で出かけたわけだけれど。
珍しくこれを装着して連れて行きました。
b0004752_22151598.jpg

大型犬で、引っ張り矯正をしている方ならご存知の「スパイクカラー」です。
一応カイザーは訓練資格を取っているのに、「何故?」と思われる方もいらっしゃると思います。

確かにカイザーは、初歩の訓練試験には合格しています。
当然、脚側行進も出来ます。
普段の散歩や躾の時など、これをつけていることはありません。
訓練士さんのところで、念のためにこれの使い方を教えていただいた時を含めても、装着は今回を入れて3回目です。
それなのに何故、装着して行ったか。

それは、一応の安全策としてです。

サービスエリアで休憩を取る時など、当然カイザーも車から降ろすことになります。
自分のジュースを買ったり、ゴミを捨てる時など、いちいちカイザーを車にしまうのは面倒ですから、連れ回すことになります。
いつもなら、旦那も一緒だったりするので、人がたくさんいる方に行く必要があるときには、片方が空いているところでカイザーを連れて待機できるんですけど。
今回は保護者は私のみ。
それに、ここ最近のペットブームのお陰か、どこに行っても犬連れはたくさん居ます。
カイザーにその気が無くても、喧嘩を売られて吠え立てられるのはしょっちゅうです。
今のところ、喧嘩をしたことが無いカイザーですけれど。
もう1歳半ですから。
いつ何時、売られた喧嘩を買いたくなるかわかりません。
なので、本当に「保険」みたいな気持ちでつけて行きました。

結果的には。
忘年ミーのみんなには、「似合ってる」「痛くないの」などと言われました。
確かにドーベルマンにはトゲが似合うし、実用よりなんだかファッションぽい感じでした。
それに、カイザーはずる賢いので、訓練所でこれを体験してからというもの「スパイク=脚側」と覚えているようです。
これをつけてるときはとってもジェントルで、まず引っ張るようなことはしません。
だから、痛い思いもぜんぜんしてません。
いつもチェーンがたるんだ状態です。
サービスエリアでも、やんちゃなそぶりなど一切せず、すごくお利口に歩いてくれてました。
飼い主としては、いつも使ってたら楽な道具なんだろうな~と思いました。
(でも、使う気は無し。これに頼っちゃあ、いい躾ができませんから。普通に努力あるのみです。)

本来、矯正していくための道具なんだろうけど、見た目は結構好きだったりします。
オヤジ顔のカイザーだから、こういうものが本当に良く似合うんですもの。
これからもめったに使うことは無いだろうけど、1本くらいは持っていてもいいよね~。


そして、超ロングガムのその後を。

忘年ミーなどに行ったりしたので、毎日噛んでいられはしなかったのにもかかわらず、すでに69センチ→30センチになりました。
あまりにも長くて食べづらそうだったのは、「飼い主に持っていてもらって、食べる」で解決したようです。
常にガムを咥えては、私のひざに持ってきて「持ってて」と渡します。
お陰で私の洋服は、あちこちにガムの白い跡が。
1匹で時間つぶしさせるためもあって与えたのに、結局は相手をさせられてしまって意味無しです。
b0004752_22484422.jpg
b0004752_22485343.jpg
b0004752_2249188.jpg

ぶちゃいく3連発でした。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-06 22:39 | 愛犬と私 | Comments(0)