2004年 12月 20日 ( 1 )
つ、つかみ取りぃ~!
我が家では。
カイザーのおやつは、冷蔵が必要なもの以外は野菜ストッカーの引き出しに入れていた。
素朴な木の風合いに天板がタイル張りになった、よく見かけるあれだ。
家のは引き出しが5段あるタイプで、実はストッカーとしてよりも、ただの引き出し代わりになっていたりする。
キッチンに置いてあるから、チョコチョコおやつを出すのも楽だし、カイザーが開けられないので安心して使っていた。
昨日も、東京インターで買い込んだおやつのうちのいくらかを、普段使いようにと入れておいた。

今朝起きて、カイザーを室内フリーにし、テレビなんぞを見ていると。
やけにキッチン側に行く。
まあ、食べ物は出していないし、いたずら出来るような物も置いてないので放っておいた。

しばらくすると「カタ。コト。」などという音が聞こえ、リズミカルなコソ泥歩きのステップ音が。
「てってってっ」「てってってっ」
怪しい音にふと振り向いた私の前にいたのは、ブタ耳やらガムやらをお口いっぱいにほおばって、軽快にコソ泥ステップで歩くカイザーだった。

どうやら奴は、野菜ストッカーの引き出しを開ける技術を習得した模様。
ストッカーの背面に回り引き出しを鼻で押し出し、その後正面に回って中身を頂戴していたのだ。
東京インターで買ったおやつがてんこ盛りのストッカーは、そうとう魅力たっぷりだったことだろう。
豪快に「つかみ取り」に挑んだらしいことは、言うまでもない。

せっかくコソ泥に成功したのだから、隠れて食べればまだわからなかったのに。
あまりにたくさんつかみ取りしてしまったため、落ち着いて食べられる場所を探してうろうろしてしまったので、あっという間に見つかり御用となった。
お口にほおばっていたたくさんのおやつは、即没収である。

あのねー。
いくら大好きでも、それだけの量を食べたらお腹壊すよ。
いくらキミが丈夫でも。
かあちゃんもたくさんあげたいのは山々なんだけどさ。
君の身体のためを思って、我慢してるんだよ。

危険な場所となったストッカーから、おやつはあっという間に撤去された。
今度は絶対開けられないであろう、ドッグフードのストッカーの中だ。
これで飼い主は一安心となったわけだけれど、おやつに未練たらたらのカイザーは、いまだに野菜ストッカーの引き出しを繰り返し開けている。

もう入ってないんだけどねえ。
その根気を訓練に生かしてくれればいいんだけど・・・。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-20 14:04 | 愛犬と私 | Comments(0)