<   2004年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧
年越し
どうしようかな~と思いつつ、スーパーを覗いていたのだけれど。
やっぱり買ってしまいました、「年越しそば」。
おそば大好きだからね~。

でも。
「細く、長く」。
これは私のポリシーに合わない。
私としては、
「太く、短く」だ。

老いさらばえてよたよたになって、細々と生きていくなんて考えられない。
息を引き取る直前まで人生を謳歌し、弱ってきたのならば、一気にこの世から消えてなくなりたい。
出来れば。
旦那を看取ったあとも一人で生きていくのではなく、旦那に看取ってもらって先に死にたい。
本当は一緒に死ねたらベストなんだけど、そうも行かないだろうし。
それなら残されるよりは、先に行ってしまったほうが幸せだ。
(だがしかし。死んでも絶対旦那に取り付くことは間違いないので。再婚はさせないつもり~。恐ろしいかあちゃんでゴメンね。)


だから。
うどんも買ってしまった。(笑)

せっかくだから、カイザーにも1本くらいは食べさせてやろうと思う。
縁起担ぎだ。

私が食べるのはうどんでも、短い麺でいいから。
カイザーには、一番太くて長いうどんを食べてもらおうと思う。
奴は「太く、短く」ではなく、「太く、長く」であって欲しいからね。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-31 17:41 | いろいろ | Comments(0)
やった~!
この日記で、とうとう一月パーフェクト書き込みが達成できた。

いつも「今月こそは、きっちり完璧に更新しまくるぜ」と思っていたのですが。
九州に出かけていってしまって、滞ってしまったり。
パソコンが死んでくれて、やむなく止まってしまったり。
今まで一度も達成できずにおりました。(涙)

今月の投稿数は、これを含めて41個。
31日なのに、日付の数より10個も多いじょ~。
頑張ったなあ、自分。

これも、こんなつまらない日記を見に来てくださってる方々がいてくれるお陰です。

「他人の日記なんて、特別面白くないだろうし。どうせ大して誰も読んでいないだろう。」
そう思っていたのですが。
思っていたよりも、気にかけてくださってる方々が。
そうやって読んでもらえていると思うと、嬉しくって、どうにかこうにか書き続けられました。

ここを覗いて下さっている皆様。
いつも読んでくれてありがとう!

来年も、なるだけ毎日更新目指します~。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-31 02:12 | いろいろ | Comments(0)
さよなら、関東。
我が愛馬「ブレイド号」が、友人タカハシくん騎乗で、九州の旦那の元へ運ばれて行った。
北九州までのフェリーが満席だったため、徳島行きのフェリーに乗り、残りの距離は自走していってもらう。

旦那がアメリカンにはまるきっかけとなった、我が家の第一号アメリカンバイク。
発売されてすぐに購入したから、すでに9年乗り続けてきたことになるのだろうか。
(ブレイド号は96年式です。)
旦那がダイナに乗り換え、その後は私の愛馬として、ずっと我が家にあり続けてきたバイク。
バイクのバの字も知らなかった私を、大型免許取得まで導いてくれたバイク。
国産400なのに、たくさんのカスタムをやりすぎて、ハーレー並みにお金のかかってしまったバイク。
バイク雑誌掲載を何度もこなし、たくさんの人との出会いをもたらしてくれたバイク。

思い出は尽きない。

まだ次の買い手が決まっていないせいなのか。
もっと感傷的になるかと思っていたけれど、意外なほどにあっさりした別れとなった。
「九州に行けば、乗れるから」
そんな気持ちが強いのか、手放したという感覚は無い。
次に私が九州に行くとしたら、たぶんゴールデンウィークあたりではないかと思う。
阿蘇チョッパーズミーティングに参加するためだ。
それまでの期間に、もし買い手が見つかったなら、二度と乗ることが無くなってしまうのに。
何故、こんなに平気なのだろう。

たぶん。
本当に目いっぱい楽しみきったからだろう。
私の中で、ブレイド号の存在は、すでに「昇華」された物になってしまったんだろう。

確かに、カスタムも目いっぱいやった。
十分すぎるほど、たくさん走ったとも思う。
もう、私があのバイクで楽しめる部分は、無くなったのだろう。


多い時にはブレイド号を含めて4台のバイクを所有した私。
腕は未熟ながらも、乗り比べて自分にとって「魅力ある相棒」を1台選んで残した。
排気量・エンジン・スタイリング・etc…。
それぞれに魅力あるバイクではあったけれど、私が選んだのはタイタン。
(実際、旦那は私に決めさせてくれました。ダイナやデュースの売却は、旦那の一存で決めたわけでなく、私の同意あってのことでした。)
タイタンに決めた時点で、ブレイド号との決別は、気持ちの整理がついていたのだと思う。


現在は、来年4日か5日に戻ってくる、タイタンを迎えることが嬉しくてしょうがない。
九州でこそ、ミーティングデビューも果たしているけれど。
関東ではまだ「我が愛馬」としてのお披露目はしていない。

1600ccのモンスターマシン。
私の憧れ「ビレットパーツの塊」。
これをブレイド号の完成度までカスタムしたら、きっと、かなりの満足度に違いない。
この愛馬で、また、関東近辺のミーティングに参加しまくるのだ!

来年の「ミユキ」は、初心に戻って、バリバリいくぞ~!
[PR]
by vanitybox | 2004-12-30 20:12 | 鉄馬と私 | Comments(0)
初雪の翌日
今日は天気がいいなあ~と窓から外を眺めると。
日陰部分にはまだ昨日の雪が残っていた。

やっぱりちょっと寒いだろうか。
ドベさんに冷えは下痢を呼ぶ。
なので、普段あんまり着せてない、カイザーのお洋服が久しぶりに登場した。
紺色のパーカーで、アメリカの国旗の刺繍が入っている。
胸周りはどうにかいいのだけれど、首まわりがちょっときつめなので、グニーっと伸ばして着せてやった。
けれど、初めて着せてやった時よりも筋肉増量したのか、胸まわりもいっぱいいっぱいな感じ。
えー、これって、この服で一番大きいサイズなのになあ。
またもや「たんすの肥やし予備軍」の洋服が増えてしまったのだろうか…。

久しぶりに着せるから、洋服着用を嫌がるかと思いきや。
(普段は「まっぱ」(真っ裸)がお約束のカイザー。)
こんなに慣れてたっけというくらい、スムーズに着てくれた。

そして、お散歩にゴー。

いつもの道を自転車で走っていると、お餅つきをやっているお宅があった。
(そこのお宅にはゴル2バニ1がいる。)
家族みんなで集まっていたようで、カイザーが通りかかると「あ、ドーベルマンだ」「カッコイイね」と声がかかった。
以前、そこの奥様とはちょっと会話をしたことがあったので、ほんの少し立ち止まってみた。
「名前はなんていうんですか」
「カイザーです」
犬を飼ってるお家だけに、家族の皆さん興味深々でカイザーに話しかけてくれた。

もうすぐお正月かあ。

なかなか見られない杵と臼での餅つきに、ほのぼのしながら残りの道を走った。

うーん。
正月は、カイザーにもおせちチックな盛り付けで、ご飯を与えてみようかな?

b0004752_184527.jpg

画像は、今日着用した洋服。
カイザー用パーカーです。
この製品では一番大きいXXLサイズなのですが。
もういっぱいいっぱいです。
国旗柄の刺繍は、ちょっといらないなあと思っているので、解いて取ってしまおうと考えています。
そして、ハーレーのワッペンでもつけてやりたい。(笑)
刺繍の左下の色の濃い部分はカイザーのよだれのシミです。
着せると必ずつけてくれるから、乾いた後はガピガピです。(涙)
[PR]
by vanitybox | 2004-12-30 12:35 | 愛犬と私 | Comments(0)
お出かけ
初雪の中、カイザーを家にお留守番させてお出かけ。
行き先は、可愛いドベパピーを飼ってらっしゃる方のお家。
雪こそ降っていたけれど、路面状況もそんなに悪くなく、道も空いていたため予定通りに到着~。

ドベ飼い同士、犬のことで会話が弾む弾む。
愛くるしいパピーくんは、仔犬らしくはしゃいで可愛かった。

ああ、カイザーにもこんな頃があったのよねと、昔を思い返す。
今の私だったら、もっと楽しんで育てられたろうけど。
余裕も無くて、毎日いっぱいいっぱいだったなあ。
(今現在も、毎日いっぱいいっぱいだけど。笑)

飼い主さんを見ていると、あの頃の自分のようだった。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。
もっと話していたいのに、時計を見るとびっくりな時間になっている。
お留守番のカイザーも、そろそろかわいそうな時間になったので、帰りは高速かっ飛ばしで帰ってきた。

今度は是非、我が家に来ていただいて、カイザーの腕白振りを見てもらおう。
きっと、現在の犬育てに余裕ができること間違い無しだと思う。

だって、本当にお利口さんのパピーだったんだもん。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-29 23:28 | 愛犬と私 | Comments(0)
と、撮れない~。
コラムにカイザーのおもちゃをアップしたから、それで遊んでいる姿を日記に載せようと、写真に挑んだ。
けれど…。
一時もじっとしていない。
おもちゃで遊んでるんだから、仕方ないのかもしれないけど。

b0004752_026196.jpg
b0004752_0263491.jpg
b0004752_026445.jpg
b0004752_0265717.jpg
b0004752_02764.jpg

頑張ったものの、こんな写真しか撮れない私の腕って…。

悲しい。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-28 23:11 | 愛犬と私 | Comments(0)
腹痛
と言っても、カイザーのことではない。

飼い主である私が、腹痛なのだ。

別に悪い病気ではなく、女性に良くある「例の」腹痛である。

この状況でカイザーの運動をするのは地獄である。
まず、冷えがいけない。
いくら防寒着を着込んでるとはいえ、寒空の下出かけていくのはきつい。
ただでさえ痛いものに、さらに痛みが増すことになる。
そして。
自転車運動。
これは段差などで受ける衝撃が、下腹に響く。
家の自転車には一応リアサスがついているけれど、カイザーの爆走状態では、その衝撃はわずかに軽減されるだけ。
じゃあ歩きなら問題無さそうなものだけれど。
「前へ」の号令をかけながら、負荷をかけて歩くのは、足腰ともにかなりの負担がかかる。
(当然下腹にも。涙)
距離は自転車運動にかなわないけれど、引き運動の場合はたっぷり時間をかけて歩くので、その運動量は馬鹿にならない。
実際カイザーも、自転車運動後よりも引き運動後のほうがばてているくらいだ。

本来は、両方きっちりこなすのが毎日の日課だけれど。
深夜に宣言した「バタークリームケーキ」の購入を見送ったくらい腹痛に悩まされている私には、どっちも放棄したい運動だ。

それでも。
次の展覧会までは、あと3週間を切った。
ここで手を抜くわけには行かない。
苦渋の選択の末、時間の短い自転車運動のほうをこなすことにした。

案の定、運動中からすでに激痛。
下腹をドスドス殴られているかのようだ。
運動後は、しばらく動けず休憩をとった。
でもちゃんと、朝晩の両方をこなした。

ああ、こういうときに旦那がいればなあ~。

せめて、明日には少し痛みが軽くなってるといいけれど。
ここ2~3日は、憂鬱だあ。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-27 22:22 | 愛犬と私 | Comments(2)
ケーキ
クリスマスイブあたりから、無性にケーキが恋しくなった私。

もともと私はケーキやチョコレートが大好き。
(高校生の頃、ホテルのケーキバイキングで2時間に30個食べたという記録がある。)
若い頃は、味はそこそこ・量はたくさんという食べ方だった。
でも、二十歳を過ぎた頃からは、味は極上・量は適量になっていた。
(適量というのが怪しいところ。笑)

それが、今。
なぜか。
どうしても。
「バタークリーム」のケーキが食べたいのだ。

一昨日も、昨日も、クリスマスケーキを売っているところを覗いて見たけれど、バタークリームのケーキは無かった。
みーんな生クリームやチーズケーキなんかだった。
昔のクリスマスケーキには、必ずバタークリームバージョンがあったのになあ。

バタークリームのケーキを冷たくして、クリームその他が「ロウ」のような不思議な食感に変わったのを、1ホールすべて食べきりたい。
ああ、いったいどこで入手すればよいのやら。

そういえば。
昔そういうケーキを買ったお店は「不○家」だったっけ。
お上品なケーキとは違う、庶民の味方。
大人になってからは、とんとご無沙汰していたけれど。
あそこなら、もしかして、あるかも?

すぐさまネットで検索し、最寄のお店も調べた。
扱っているケーキなども出ていたから確認すると。

あった。ありましたよ~!

ああ、今すぐ買いに行きたい。
そう思って時計を見たら、こんな時間。
(時間の感覚のない私です。汗)
やってないよ。

明日には、すっ飛んで行って買ってこよう。
この欲望を満たすために。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-27 00:37 | いろいろ | Comments(0)
ボディーガード
ブレイド号を取りに行って、帰ってきたらもう5時を過ぎていた。
この時期は暗くなるのが早いから、カイザーの午後の運動は今日はやめようかなと思ったけれど。
バイカーファッションを脱ぎ、ちゃっちゃと運動用の服に着替える私。
一度でもサボると、サボり癖がつきそうだからなあ。
それに、今バイクで寒いのに慣れて帰ってきたから、このまま運動に出ればそうつらくないし。
カイザー可愛いし。

で、ちゃんと運動に行きました。

歩いている途中で、どんどん空が暗くなってくる。

家の近所、住宅地なんですが。
痴漢やら車上ドロやら、それなりに犯罪が起こっているらしい。
それを知っているし、普段は車で出歩くから、夜道を歩くようなことは無かったのだけれど。

今回初体験。

人気の無い住宅地の細い道で、カイザーの「ハッ、ハッ」という息遣いだけ聞こえる。
こうやって歩いてみると、意外に街灯が少ない。
こりゃ~、危ないよなあ。
一人だったら、かなり嫌かも。

でも今は。
横にカイザーがいるから平気!
遠く離れたところの人影も、すばやく察知して「何かいますよ」って教えてくれる。
万が一の時、カイザーが守ってくれるとは思ってないけど、孤独で歩くのとは違う「安心感」があるのだ。

あえて危険を冒して夜の散歩をしようとは思わないけど、どうしても遅くなっちゃった時、それも極たまにだったら、行ってもいいかな。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-26 19:53 | 愛犬と私 | Comments(0)
結局…
なんだかんだと言いながら、コテコテの格好で電車に乗って、上野へ行きました。
もうね、開き直りです。
はい。
だって、革ジャンを持って歩くのが面倒くさくって。
もういいや、着てっちゃえ~って思ってしまいました。

上野に着くと、出てる出てる。
店頭に並べられたバイクの中に、我が愛馬ブレイド号が。
で、数人の男性が食らいついてる。
確かに目立つからな~。
さっさと店の中に入り、なじみの店員さんに一言。
「取りに来ました~。」
キーをもらい、帰宅の準備。
さっきまでバイクに食らいついていた人たちが、遠巻きに見ている。
そう言えば、店内のお客さんも店員さんに話しかけながら見ている。

もう一度店内に戻り、車検証などを受け取って店員さんと話したら。
これからアメリカンバイクに乗りたいというようなお客さんだったらしい。
ブレイド号を見て、最初ドラッグスターだとは思わなかったとか。
音が聞いてみたいと言われたので、店員さんがエンジンかけて聞かせてあげたそう。
そうすると、「いい音ですけど、これって捕まりませんかねえ?」と聞かれたとか。
「このバイク、オーナーさんは女性ですよ。普通に乗ってますよ。」と店員さんが答えたら、皆さん目を丸くしていたそうだ。
ブレイド号の音は、けっしていい音ではないし、音量もそんなに大きくはないと思う。
ちゃんとサイレンサー入れてるし。
(いい音にこだわるのなら、家がつけてる短い管はダメですよね。ただ、私があのデザインがお気に入りなので、音はあきらめてつけています。)
なんでもそのお客さん達は、トラックの運転手さんだそうで、免許の点数が危なくなることを心配していたらしい。
ごもっともですな~、うん。

その後も店員さんと話すと、やはりブレイド号は、色々と問い合わせされると言ってました。
店頭に置いておくとかなり目立つので、当然のごとく足を止める人が多いし。
デモカーなみのカスタムで、しかもそこのショップで塗装を頼んだし。
店員さんも誇らしげに説明をしてる模様。

で、意外なことに。
今日に限って私の知り合い数人が、そこに来ていたらしい。
店頭のブレイド号を見て、「○○さんのバイクですよね~。何で置いてあるんですか?」と。
勿論ちゃんと「車検でお預かりしてます。」と言ってくれたそうだが、売却に出したと思われたのかな~?
もうちょっと早くに行けば、知り合いにも会えたのかな~と思うと残念でしたけど、カイザーの運動を済ませて一休みして家を出たら、結構遅くなっちゃったのよね。
まあ、しょうがないか。

今回、車検で色々チェックしてもらったわけですが、初期型ドラッグスターとは思えない外装の綺麗さ同様、エンジンその他機関も良好だそうでした。
なんて可愛いバイクだ。
もう9年は経っているであろうに、すこぶる快調。
ノントラブル。
これって絶対「当たり」だろうな~。
今日もエンジンチョーク無しで一発始動。
本当に、乗り手孝行なバイク。

帰り道、「さぞ寒いだろう。」「下道でゆっくり走ったほうが寒くないかもな~。でも下は混むから時間かかるよな~。」なんて思っていたのだけれど。
跨って、少し走ると、気分はバイカーの私。
寒さなんてヘイチャラだ。
バリバリバリバリ、爆音響かせ快走~!
これは下をちんたら走っている場合じゃない。
なのでしっかり高速で、かっ飛ばしで帰宅しました。

家まで25キロ。
ほんのわずかな間だったけど。
久しぶりにカイザーのことも忘れて、リアルバ(イ)カーに戻りました。
気分良かった~。
薄暗くなってきていた時間だったので、電飾もスイッチオン。
高速の流れを泳ぐブルーの熱帯魚。
もうあと数日で九州に運んでしまうから、私と関東を走るのはこれで最後になるのかもしれない。
もしかして、向こうで買い手が決まったら、これが最後になるかもしれない。

もっと乗っておこうかな。
後悔の無いように。
[PR]
by vanitybox | 2004-12-26 19:37 | 鉄馬と私 | Comments(0)