<   2005年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧
naomi
旦那の隠れ家に、通いでやってくる女がいることを知った。
ショーック!
なんでも、もう数ヶ月のつきあいらしい。

昨日も、私と旦那がレンタルビデオを借りて帰ってきたら、いましたよその女が。
旦那の車を見るやいなや、車に向かって駆けてきました。

naomiは小柄で華奢で、切れ長の目が印象的な女。
ま、確かに可愛いですよ。
ええ。

でもね。
せっかくの夫婦水入らずのビデオ鑑賞時に、隠れ家に上がり込み、遠慮するということを知らない。
旦那をじーっと見つめ、あろう事か膝に乗り、しなだれかかってるぅ~!
女だけに、ちろちろと私の様子を見ながら、絶対わざと旦那に甘えてる。
ムカー!!

私、猫は好きなつもりだったけど。
メスはイヤかも~!


そうです。
naomiは猫です。
メスの野良猫。
小柄で華奢で、でもかなりの大食漢。
naomiという名前は、旦那が思いつく限りの女性名で呼びかけてみたら、この名前の時に返事をしたということでつけられました。
目はきつめの、とっても切れ長な感じです。
犬の場合と同様にアイラインというのかな?
それも太めにくっきり入っているので、かなり印象的な目元です。
全体的に見て、それなりの美猫なんで、まあ、可愛い方だと思います。

naomiは。
カイザーを飼ってから、動物に優しくなった旦那に取り入り、ちゃっかり通いでやってくるようになりました。
以前から話には聞いていたのですが、naomiの旦那に対する態度は、飼い猫のそれよりも従順なくらい。
まるで犬のようにアイコンタクトを取り、旦那に対しては「猫まっしぐら」といった感じでよってきます。
特に悪さをすることもなく、おとなしい猫なので、旦那にも気に入られたようです。

naomiはどこからやってきたのかは。
どうやら隠れ家からそう遠くないところに、「猫屋敷」と噂される家があるらしくって。
かなりの数の猫を外飼いしているらしいのです。
当選繁殖しまくって、野良猫増殖の元になっているらしい。
naomiは小さい猫だから、たぶんそこでの競争に負けたのでしょう。
(太股あたりとおでこに傷跡らしいものが伺えます。)
負けて、頼れる人間を捜してうろうろしているときに、旦那の隠れ家に寄りつくようになったみたい。

さて。
どうしたものやら。
この辺は田舎で、特に隠れ家近辺は田んぼしかないようなところ。
外飼いも、容認されている土地柄。
でもなあ。
きれいに洗って、病気の検査でもして、室内飼育にしてやった方がいいんだろうなあ。
見た限りでは、とっても室内に入りたがって出たがらない猫だから、無理なく飼えそうな気がするし。

ただ。
普段、旦那は仕事その他で不在がち。
必ずしも最低限の世話が出来る状態ではない。
猫飼育の経験も無いしね。

うーん。
私がこちらに住むようになるまで顔出してくれてたら、その時には家の猫にしようかな。

今すぐどうこうできないのが、ちょっとかわいそうで申し訳ないけど。
[PR]
by vanitybox | 2005-04-30 08:52 | いろいろ | Comments(0)
九州からの投稿~♪
昨日の晩は大変でした。

バースデー割引で取ったチケットは福岡空港行き。
(いつもは佐賀空港行きを取るのですが、空きがなかったので。)
福岡空港は旦那の実家からは遠いし、旦那も青年会議所の集まりがあって迎えにこれない状況。
なので、高速バスを使うつもりだったのですが。

やはり、ゴールデンウイーク。
高速バスも満席で、空き待ち状態の人の列が。
げ~。
乗れないじゃん。

青年会議所の集まりを途中で抜けてくれた旦那からの電話が入る。
「かあちゃん、何時のバス?迎えに行くよ~。」
「バス、満席で乗れないよー。次は一時間後だけど、それも乗れるかどうか。」
うなだれる私。

仕方がないので、空港から電車で移動することに。
地下鉄に乗り、博多駅へ。
そこから特急有明に乗り、羽犬塚へ。

九州では、車か高速バスしか利用したことがない私。
慣れない土地で、ちょっとどきどきでしたけど、どうにか電車も座ることが出来たのでほっと一安心。

特急有明は、車体がちょっとダークなグレーで、なんだかあか抜けない感じ。
が、ドアが開くと、ドアの内側はレッドの塗装。
なんだかちょっとハイセンス?
意外でした。
自由席も。
最後尾の車両は喫煙オッケーで、車内の作りもそれなりにいい感じ。
こりゃあ、快適な移動になるなあ~と、急に浮かれる私。

ゆったりとリクライニングシートでくつろぎ、発車の時間を待つ。

最初はそんなに混んでいなかったはずの車内が、どんどん人で埋め尽くされていく。
気がつくと、立って乗っている人もいるし、デッキもかなり人がいる。
どうやら満席、満員状態になった模様。
座れた私はラッキーでした。

夜景を眺めながら、目的地の羽犬塚までは30分ほどで着きました。
早~。
高速バスより、ずっといいかも。
(バスは禁煙だからね。)

駅ではすぐ旦那とご対面。
車でちょっと走ると、九州の旦那の隠れ家に到着!

想像していたよりも、もっと素敵で快適な隠れ家に、かあちゃん感激です。
いや~、早くこっちに住みたいです。
ええ。

どんな素敵な隠れ家かは、明日以降に書きま~す。

それにしても。
内装もおしゃれなインナーガレージって、サイコー!
[PR]
by vanitybox | 2005-04-29 12:58 | いろいろ | Comments(0)
ということで
これから支度をし、私は九州へ飛びます。

向こうにも旦那のパソコンがあるので、更新できなくは無いと思うのですが。
遊びまくって、おろそかになったらゴメンナサイm(__)m

一応、日記パーフェクトを心がけておりますので、頑張るつもりなんですけど…。
[PR]
by vanitybox | 2005-04-28 13:27 | いろいろ | Comments(0)
しばしの別れ
今日の夜には九州入り。

なので、しっかりカイザーの面会に行ってきました。
ちゃ~んと、ナデナデして、イイコイイコして、お留守番を言い含めておかないとね~。

車が訓練所に到着してすぐに、犬舎でヒンヒン鳴き出す犬一頭。
勿論カイザーである。
訓練士さんのお宅に上げていただき、ちょっとの会話の後、ご対面。

訓練士さんの奥様が、カイザーの犬舎を開ける。

ドドドッ

地響きがしたかと思うと、黒い弾丸が広場に出てくる。

うわー。
すんごい助走つけてるよー!

そしてそのまま、フライングボディーアタック!
どっか~ん!
である。

例えて言うならば。
長期間離れ離れになっていた親子が、感動の再開。
お互いに歩み寄り、ひしと抱擁。
そんなところなんだろうが。

走り幅跳びの選手よろしく、そこまで助走をつけんでもいい。
こちらとしては歩み寄るどころか、背中に壁などをしょって、足幅も広げてしっかり立っていないと、吹っ飛ばされること必至。

もうすでに私と体重もあまり変わらないであろう筋肉の塊が、勢いつけて来られるのは、受け止めるこっちとしても大変である。

危ないからと、結構気をつけて躾けているにも拘らず、この出会いがしらの一発だけはどうにも直らない。
あのわずかな脳みその中は「かあちゃ~ん」、それだけでいっぱいのようである。

一発食らわせてくれた後は、せいぜいうひょる程度なので、このぐらいはぜんぜん平気。
さっそくもっと広い場所へ連れて行き、ボールのとって来いをやって遊んだ。
お土産に持参した「ブタ耳の根元のこま切れ」なんぞをちょびちょび与え、お腹をなでたり、顔をなでたり。

今日は気温が高くて日差しもそれなりだったから、結構早くにカイザーはばてだした。
まあ、あまり時間も無いことだし、もうちょっと構ってやって、そして「バイバイ」してきた。
バイバイする前にすでにもう鼻を鳴らしていたけれど、ちょっとの辛抱だからね。
我慢しておくれ。
あと2週間もすればまた、お座敷ドーベルの生活だからさ。

おやつもおもちゃもてんこ盛りだからね~!
[PR]
by vanitybox | 2005-04-28 13:25 | 愛犬と私 | Comments(0)
免許更新。
何かやらなきゃいけなかったはず…。
ここ数日気になっていて、でも思い出せないものがあった。

九州に飛ぶ前日の今日になって、それもお昼近くになって気づきましたよ。
「免許の更新」。

やっとかないと、九州で車やバイクが運転できないじゃーん!
そう思って、あせって免許センターに行く私。

申請書を書き、適性検査に並んでる時点で、ふと気づく。
免許は誕生日の1ヵ月後まで有効。

あら~。
あせらなくても良かったのね。
九州から帰ってきてからでも十分間に合ったんだ。
はは。

数年前にシートベルトのことで違反切符を切られていたから、悲しい2時間の講習つき。
寝ずにきちんと受けてまいりました。

次の更新こそ、ゴールドにしてみたいなあ。
[PR]
by vanitybox | 2005-04-27 23:37 | いろいろ | Comments(0)
本日のタイタン。
今日は我が社の部長のところに、ちょっとお届けものをしなければいけなかった。
渡すのは、アルバイト君たちのお給料。

朝の様子では、バイクに乗ることなんかちっとも考えていなかったけど。
昼が近づくに連れて、なんだか良さげな天気になってきたような。

こりは、事務員(社長秘書とも言う)はバイクで出動かな?

なんてったって、部長のいらっしゃる仕事場は沼南町。
そう、ライコランドの傍なのである。

荷物は少ないし、この天気。
バイクで届け物をして、ライコによって、アイアンテイルズに寄ったら、いい感じのプチツーになるわん。

そそくさとバイカーウエアーに着替え、タイタンスタート。
近場で給油し、沼南町へゴー。
船取線は混んでいたので、豊富町を抜けて、16号をかっ飛ばしました~。
予想していたよりも早く、到着。
さて、部長にお電話して、外に出てきてもらわねば。
ウエストポーチから携帯を取り出すと、電話をかけるより早く部長が出てきた。
顔をしわくちゃにしている…うるさかったかなあ?
表にいた他の作業員さんたち(若い男性が3~4人)も、でっかいうるさいバイクに乗った小さな私を興味深げに見つめていた。(汗)

案の定、タイタンの爆音ですぐわかったらしい。
部長は私が免許を取る前から知っているので、「ミユキさん、こかさないように気をつけて帰ってくださいよ」だって。
「大丈夫ですよ~。こかしたら(修理代が高くて)死んじゃいますから、絶対こかしません!」
そんな返答をして、すぐに発進。
あっという間にライコなり~。

バイクに乗ってる間はタバコが吸えないから、ここでしばしのタバコタイム&ジュースタイム。
特に用事は無いから、次のショップ目指してスタートしようと思ったら。

あれれ?
メーター脇の、赤いランプが付きっ放しに?
やばいと思ったら、すぐに消えてくれたけど。
これって、まずいのかな?
こりゃあ、とっとと次のショップに行って見てもらわなきゃあ。
私にはわからないからなあ。

思ったほどの渋滞も無く、順調にアイアンテイルズに到着。
本当の狙いは、ライトクラッチの装着を頼んでいることにかこつけて、GW中のタイタンの保管をお願いすることだったのでした。
自宅前はそこそこ治安がいいとは言え、半月もタイタンを置きっぱなしにするのは不安だから。
決して広いショップでないし、ましてタイタンは場所を取るから、預かりたくなさそうな店主に、ごり押ししてお願いしちゃいました。
赤いランプのことも聞いてみたら、たいした事は無いようだし、オイル交換その他で対応出来るらしいと言っていた。
ま、保管料代わりに、チョコチョコした部分のメンテを頼んで、5/11頃には出来上がりの予定。
帰宅後はばっちりになりそう!

普段なら結構これで長居して、会話を楽しむところだったんだけれど。
なにやら空模様が怪しい。
タイタンを預けたから、歩きで帰る私。
雨が降る前に、とっとと帰った方が良さそう。

山あり谷ありの3キロくらいの距離を、テクテクとバイカーファッションで歩く私。
もう50メートルで家だ…ってところまで来たら、雨がぱらぱらと。
さっさと家に入ると、タッチの差で土砂降りに。

わ~い。
今日はタイミングが良かったよ。
バイクは乗れたし、預けに出せたし。
雨にも濡れずに済んだし。

よし、これで安心して九州行きの準備ができるぞぉ~!
[PR]
by vanitybox | 2005-04-26 22:29 | 鉄馬と私 | Comments(0)
面の皮、厚すぎです!
なんとな~く、怪しい雲だなあと思っていたら。

案の定、激しい雨が降り始めた。
時間はちょうど15時くらい。

パソコンに向かっていた私だったが、ふと振り向くと、ガレージ内に人の気配。

カーテンを少し開けて覗き見ると、幼稚園バスを待っている奥様方が、無断で我が家のガレージ内に入り込んでいた。

いや。
いいですよ。
雨が強く降っているんですから、雨宿りくらい。

でもね。
奥様がたむろしている場所は、室内の私の目と鼻の先。
しかも、外が暗いから電気もついているのだし、住人がいることぐらいお判りですよね。
しかも。
我が家のガレージは、カーポートだから。
横から風が吹けば雨も入り込むでしょう。
中で傘をさすのもわかります。
でも。
ガレージ内の私の車に傘の先がぶつかってるんですけど。

せめて一言断るなり、車に傘をぶつけないようにしていただきたいです。
ガレージ前に、ドーベルマンがいるから無断で敷地に入らないように…って注意書きの看板もあるでしょ?

どうしてこういうことが平気でできるんだろう?
私にはその神経がわからない。

カーテンから覗き見た後、私が出て行くまで、その奥様方はちょっと会釈をしただけで、なんとも思っていなかったらしい。

あのねえ。
バイクにさっきまで乗っていたのよ。
ショップに預けてきたから良かったようなものの。
乗車後は熱が冷めるまで、カバーをかけずに保管するのが常だから。
そんなバイクに近づいてやけどされても困るし、傘なんかさされてバイクを濡らされるのも嫌。
もしバイクをそこに置いてあったらば、私の不快感はさらにヒートアップしていたことだと思う。

すご~く不愉快だったので、「雨宿りさせてくださいね」と言うこともなく、当たり前のようにガレージ内に居座る奥様に、私は一言だけ申し上げた。

「無断で敷地に入るのは、ご遠慮願いたいのですが。」

別に出て行けということではない。
その時点で、「雨宿りさせてくださいね」の一言を言ってくれればいいのだ。
まあ、出て行けに取れる言葉でもあるが。
私の真意は、断りを入れて欲しかっただけだ。
それさえあれば、どうぞどうぞと快く、奥まで招き入れただろう。

けれど。
奥様方は、「すみませんね」の一言もなく、ガレージから出て行かれた。
たぶん、「あそこの家の人って感じ悪い」くらいに思っただろう。

でもねー。
こっちの方がずっと気分悪かったんですけど。
嫌われたって結構よ!
ぷんぷん。
[PR]
by vanitybox | 2005-04-26 16:17 | いろいろ | Comments(0)
準備、準備ぃ~。
明々後日には、私は機上の人。
九州まで、ひとっ飛びの予定である。

今日まで何にも用意をしていなかったから、そろそろ荷造り開始。
どの服を持って行こうかな~。

なんてったって九州。
ウェザーニュースなどを見てみると、もう結構気温が高い。
ツーリングの事も考えると、ジーンズとTシャツがメイン。
それに羽織もの。
念のため、万能選手のシンプルな黒のパンツも用意。
上に何を合わせるかで応用が利くから、いいよね。
下着や、靴下。
バイク用のグローブにサングラス。

あ~、もう。
持っていきたいものがいっぱい!

それに。
そろそろリビングも少し片付けておかないとなあ。

現在、カイザーが訓練所暮らしなため、低い位置にも結構モノがおいてある。
九州の帰省後、帰宅したらすぐに迎えに行ってあげる予定だから。
今のうちに片付けないと、帰宅時が大変。
片づけをするために、お迎えの日をずらすなんてかわいそうだしね。
(ってか。単に自分が早くお迎えに行きたいだけだったりする。笑)

明日も会社の事務処理をこなして、バリバリ頑張るぞ~。
旦那ぁ~、待っててねーん。
もうすぐ行くわ~!
[PR]
by vanitybox | 2005-04-25 23:17 | いろいろ | Comments(0)
驚愕!
今日、訓練所に行った時に、ものすごい代物を見た。

それは、ドーベルマンを訓練所に預けていった方が置いていったもので、見た目の割に重い、鈍い金色をしたチョークチェーン(鎖状の首輪)でした。

訓練士さんは「ずいぶん重いチョークだなあ。使いにくいだろうに。」と思っていたし、ちょっと変わったデザインのものだったので、何気なく私に見せてくれたのでした。

ふーん。
確かに重いわ。
あら、プレートにスワロフスキーか何かの細工?
派手ねえ…?
???
あれ。
刻印があるよ、これ。
「K18」だよ。
GPとかじゃないぞ。
ってことは、スワロじゃなくてダイヤ~?

すぐに訓練士さんに「これ、金ですよ。重さもあるから、結構なお値段のはずですよ。」と伝えた。
だって訓練士さん、真鍮か何かだと思っていたらしくって、屋外の犬具置き場に無造作に下げていたんですもの~。
無くしたら、弁償大変ですってば。

訓練士さんも、金と知って大びっくり。
「犬に、金の鎖~?」
にわかには信じがたいようでした。
で、すぐさま厳重保管。
「なるべく早くに取りに来てもらって、返さなきゃあ。こんなの預かるのは勘弁。」とおっしゃってました。
(そりゃそうだ。笑)

人間の男性用ブレスレットに使う喜平のチェーンのかなり大きいのを使ってオーダーしたものかと思う。
勿論それに合わせた輪カンも大きくて太さがある。
はめ込んであるダイヤはメレだから、ダイヤ自体はそこまで高価格ではないとしても。
金の重量を考えると、結構するだろうな~。
(ン十万コースでしょう。)

カイザーもそれなりにおしゃれさせて、奮発している部分もあったけど。
金のチョークにゃあ、負けますわ。
エルメスの首輪のオーダーの予定もあったけど、これに比べたらまだ可愛いものかも。

いや~、本当にびっくりする一品でした。
[PR]
by vanitybox | 2005-04-24 23:37 | いろいろ | Comments(0)
根古屋~♪
昨日のカイザーの面会を途中で断念し、車で追っかけドタ参してみました。

とっくに16時を過ぎての出発だったし、到着は暗くなるだろうな~ということと。
椅子その他、荷物を積載していったら、バイクの引き起こしが辛いかも・・・ということで、ワゴンアールにしたのですが。

なんだよぉぉ~。
みんなバイクじゃん。

しかも、暗くなる前に到着できたし。
(東北道を常にアクセルベタ踏み走行。でも軽だけに、ぬあえキロくらいしか出ない。)
タイタンだったら、もっと早く到着できたよなあ。

車で参加したからには、充電器など便利グッズも持ち込んで。
ライトアップには貢献しましたよ。
せっかくだから、カイザーの展覧会の賞状と称号証も持参。
トピのみんなにお披露目しました。

ある程度お酒を楽しんだら、無理せず自己判断で就寝。
今朝の目覚めはさわやかでした~。
(なぜか6時には目が覚めた私。家では考えられない~!)

空は見事な快晴。
くぅ~。
タイタンでなかったことが悔やまれましたよ。

根古屋解散後、みんなはツーをかねてうどんを食べに行くといっていたけれど。
車の私は同じようには楽しめないから。
とっとと帰宅しました。

キャンプであまった烏賊をお土産にもらったので。
一人では食べきれないから、訓練士さんのところにおすそ分けすることに。
で、昨日のリベンジで、カイザーだけで貸切でお遊び。

やっぱり、家のカイザーはめちゃ可愛い。
パワー炸裂だけど、真っ直ぐで曇りの無い素直な性格。
お土産にブタ耳を持っていってやったら、幸せそうにかじっていた。

結局、昨日の私の帰宅後、知り合いの飼い主さんご夫婦が来て、ご主人にすごく可愛がってもらったらしい。
また、地方のドーベルマンクラブの方から、カイザーを見たいというお電話もあったらしい。
(見てどうするのかな?良くわからないけれど、ちょっとは人気者なのかな?)

う~ん。
なんか、私と会えなくっても、それなりに幸せな生活を送っているようだなあ。

得な男だよ。
カイザーってば。
[PR]
by vanitybox | 2005-04-24 21:42 | 鉄馬と私 | Comments(0)