<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
帰郷するのだ。
明後日の10月29日、札幌で高校の同窓会があるので~。
明日から札幌に行って来ま~す。

仕事があるからゆっくり出来ないので、わずか2泊3日です。(´;ω;`)

なので、30日の夕方には大川に帰ってきまーす。

(´∀`*)ノシ 
[PR]
by VanityBox | 2011-10-27 23:50 | いろいろ | Comments(2)
お昼休みのお散歩
かあちゃんと、テクテク。
b0004752_173559.jpg
引っ張らないで、脚側っぽく歩いてみたりもしたヨ。

歩くとさ~、もよおすよね。w
朝、家でウンチしたのにまたしたくなっちゃって~。
ちゃんとかあちゃんがお持ち帰りしたヨ。
b0004752_17351210.jpg


今日はお天気が良かったから、ちょっと俺には暑かったな~。
明日もお昼休みお散歩行けるかなあ?
[PR]
by VanityBox | 2011-10-24 17:38 | カイザーの呟き | Comments(8)
ルブタン~♪
福岡県大野城市の訓練所に用事があったので。
ついでに天神まで出て。

取ってきました~。
b0004752_081992.jpg

月末の、同窓会に履くつもりの「クリスチャン・ルブタン」のパンプスです。
(履く前に、ソールを張りに出してました。)

天神は道路が混雑してるけど~、旦那不在の今こそGTRで出撃。
(旦那は今千葉に出張中。w)
BGMはこれ。
b0004752_0101966.jpg

高速道路走行中は、気分ノリノリ!

いや~、楽しかった。
左足がちょっと疲れたけど。
(渋滞してたから、クラッチふみふみしまくりでしたのー。)
高速のSAでは知らない外人さんに「ブイスペック~?ъ(゚Д゚)グッジョブ!!」と声かけられました。(ノ´∀`*)

ターボ効かせて走ったんで、「ガソリンガンガン使ってるんだろうな~。」の感はありましたが、(・ε・)キニシナイ!!
(ちゃんと遠出前に満タンにしてから出かけました。w)
ホント、毎日乗りたーい!
(通勤以外は用足しでよく乗ってるんだけどね。)

同窓会前に、足に馴染ませる意味で。
明日はお店でルブタン履いてよ~っと。
[PR]
by VanityBox | 2011-10-20 23:59 | いろいろ | Comments(0)
仏壇ハーレーと極妻ミユキ
b0004752_1914015.jpg

[PR]
by VanityBox | 2011-10-09 19:01 | 鉄馬と私 | Comments(0)
木工祭り 第一日目
kentaroの仏壇バイクのイメージに合わせて、ミユキは着物着用で行きました~。

↓こんなの
b0004752_2135841.jpg

黒地に猫柄の小紋です。
(これに合わせて、帯も猫柄、帯止めも猫。ハンカチも猫柄。猫づくしです。可愛いコーディネートのはずなのに、「極妻」と言われるのは本人のキャラクターのせいでしょうか?w)

テレビでも紹介された、組子がはめ込まれたハーレー(通称:仏壇バイク)は、産業会館横の文化センターにて展示されています。

ワンズコーポレーションのブースもそちらに出してます。

ミユキも勿論います。

ミユキが育てた幹之(ミユキ)メダカが激安で販売されているブースもあります。
(5匹で300円!ワンズのブースではありません。)

明日もミユキは今日と同じ着物姿です。

3日目は、ブースの撤収作業があるので、着物は着ません。

是非是非、皆様、大川市の文化センターにお越し下さいませ~。(^^)
[PR]
by VanityBox | 2011-10-08 21:08 | SelectShop1's | Comments(0)
昔々の話
まだ小学校低学年だった頃。

水彩画教室に通ってた。

絵が好きで、自分で行きたがってたから、母が教室を見つけて習わせてくれた。

最初の先生は、結構ウマが合ったというか、私としては好きな先生だった。

それが、数年後に違う先生に変わり。

「お母さんの絵を描く」みたいなのだったと思う。

自分の母をちゃんと描いたつもりだったけれど、その先生に言われた言葉は「あなたのお母さんは外人ですか?w」だった。
(w=笑がついてる言い方だったのを覚えてます!)

ミユキなりに、ちゃんと考えて描いた。

日本人でも、髪が真っ黒な人ばかりじゃない。
母の髪はカラーリングしてたから、「黒じゃなくて茶色」だった。
日本人の虹彩の色は、黒じゃなくてこげ茶だよね?
(明るい暗いの差はあると思うけど。)

写実主義できちんと描いたつもりだったのよー!

母の茶髪と、こげ茶の虹彩。
その時のミユキの表現力では、実際よりもやや明るめだったかもしれない。

先生に言われた事に対して、「だって本当に茶色だよ?」なーんて言えなかった口下手な幼いミユキ。

ちゃんと描いたのに否定されて、悔しかったのを憶えてる。
(この先生には、ミユキの描いた絵に先生の筆を入れられて、腹を立てた記憶もある。)

で、その少し後、母に「絵を描くのは好きだけど、今の先生嫌い」と伝えて、そこの絵画教室をやめた。

私の気持ちを分かってくれた母は、スゲーなあと思う。
子供のたわごとなんて思ってなかったんだよね。

しかもその後、元々やりたかった油彩の教室見つけてくれて習わせてくれたもん。
(才能は無かったけど好きだったから、小学校高学年から高校卒業くらいまでずっと習い続けました。w)


今それが何の役に立ってるかって言うと、何も無いかもしれないけど。

大人になり、習い事をする時間やお金の都合をつける大変さが分かるので、あの頃にやらせてもらって良かったな~とつくづく思います。
(油彩は画材に結構お金かかったもんね~。)

もう20年以上も絵筆を握ってないけど、いつかまた、描ける日が来るのかな~?
[PR]
by VanityBox | 2011-10-01 21:45 | いろいろ | Comments(3)