放置していてすみません
癌になっちゃって、手術しました~の後、全然更新しないもんだから。

ミユキ死亡説が~とまでは言いませんが、体調があまり良くない状態で闘病してると思われていたらしく。

ここではっきりお伝えしておきます。

現在抗がん剤治療3クール目まで来てますが、副作用もほとんど無く、元気に生活しております。
GT-Rにも乗ってますよ~。
先日も入院前にドライブがてら、犬関係の集まりに顔出してきましたから。(^^)
さすがにバイクは主治医に止められてますので、我慢してます。
(乗る体力はあるだろうけれども、先生の気持ち的に許可したくないそうです。)

ご飯は普通に食べてますし、吐き気も無し。
至って普通に暮らしております。

ただ、「無理は禁物」と先生にしっかり言われておりますので。
あんまり体力使うようなことはしてないです。
お家でのんびりゆっくり過ごすのが多いです。
抗がん剤のせいで白血球の数値下がりますから、あまり人の多いところにはいかないようにしてますし、時期によっては生ものも食べません。

一応、それなりの闘病生活です。(ノ´∀`*)

心配してくださった皆様、ありがとうございます。
大丈夫ですから、安心してくださいね~。
[PR]
# by VanityBox | 2014-10-31 19:35 | いろいろ | Comments(0)
抗がん剤、ぶち込みました。w
9月4日、点滴で。
吐き気止めやら抗がん剤やら、身体に流し込まれました。

今のところ、アレルギー反応も出てないし、まだ副作用も出ていません。

明日以降、色々出てくるだろうと、看護士さんに言われました。

毎日ドキドキしながら過ごしてますよー。
[PR]
# by VanityBox | 2014-09-06 16:05 | いろいろ | Comments(2)
明後日退院!
術後の、色々な処置も本日で全て終わりまして。

明後日(8月24日)、やっと退院できることになりました。

7月25日から入院して、約1か月。
長かった~。


でも、退院してもすぐ抗がん剤治療開始なので。

9月3日からまた再入院ですわ。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

これからおよそ半年間の、辛い戦いが始まるのね~。
[PR]
# by VanityBox | 2014-08-22 21:19 | いろいろ | Comments(2)
生きてます。
術後5日間ほどは、パソコンを開く気にもなれませんでしたが。

少しずつではありますが、お腹の痛みも減ってきています。

手術翌日には、観察室から病室まで自力で無理やり歩かされたりもしましたから。

それを思えば今はかなり楽になって来てるかな?

今日までの食事はおかゆらしいけど。

明日からはやっと普通食に戻れます。


固形の美味しい食べ物が、ものすごく恋しいです。(^^)
[PR]
# by VanityBox | 2014-08-11 08:54 | いろいろ | Comments(0)
癌になっちゃったみたいです。
5月頃から、ちょっと「アレレ?」と思うような身体の不調を感じてまして。
6月末頃には、「これって、かなりまずいかも?」となりまして。

7月2日に。
以前も子宮筋腫15センチにまで育てた私ですから、「また筋腫かな~。」なんて、病院へ行きましたが。

地元の大きな総合病院(私が筋腫の手術をした病院です)で、いきなりの「ご家族をすぐ呼んでください。」「このまますぐに大学病院へ行ってください。」「腫瘍が破裂するといけないので救急車で搬送しようと思います。」と言われ。
(結局は、旦那に病院へ来てもらい、旦那と共に自分の車で大学病院へ行きました。運転は旦那にしてもらって。)

緊急手術かと思われましたが。
とりあえずはそれを逃れ。

大学病院の医師から告知されたのは、「腫瘍があり、癌の可能性が非常に高い」とのことでした。
(確定するのは、開腹手術をし、病理検査をしてからになります。)

体調不良から、食事をあまり摂れていなかったのと。
(その頃は2日絶食してもお腹が空かないので、2日抜いては1食食べて、また2日食べないなんて生活してました。)
腫瘍の炎症による発熱を起こしていたので。
医師にはその日に入院するように言われましたが、仕事の引継ぎが出来てないからと断り。

翌日の3日、入院しました。

栄養剤と抗生物質の点滴を打ち続けながら、各種検査を色々こなしまして。
貧血もわかったので鉄剤も飲むことになって。

1週間ほどの入院後、食事もとれるし、炎症も収まったので一時退院して。
外来で更なる検査を受けたりしながら、手術日の決定を待ち。

7月25日から再入院し、今に至ります。

手術は8月4日、明後日です。



癌告知って、家の父の時には、すでに末期(ステージⅣ)だったこともあり、父はショックで自暴自棄になったりもしたんだけど。

私は、「へ~」ぐらいにしか思いませんでした。
ってか、こんなこと書くと怒られそうですが。

「ああ、これでカイザーにもうすぐ会えるんだ」と心の中で喜んでいました。
カイザーが拡張型心筋症と診断された時に比べたら、自分の癌くらい、何もショックじゃなかったです。
(カイザーの時は、診察室で泣き崩れて、代われるものなら代わってやりたいと、目の前真っ暗になりました。)

医師からは、告知を聞かされたあとは(ショックで)眠れなくなってしまう人も多いから、睡眠薬を処方しましょうかと言われたんですけどね。
「全然大丈夫ですよ。ぐっすり寝れます。」って答えましたよ。w
(実際、告知には何も思わず、しっかりぐっすり寝た私です。)

カイザーに会えると喜んだ私は、頭の中で、自分名義のモノの名義変更や、その他もろもろの片付けまで考えていたんですけど。

現時点での診断ではステージⅠだろうと。
手術と抗癌治療をすれば、5年生存率はかなり高くなるらしいです。

手術なんてしたくない。
痛い思いはまっぴら!
頑張ったってカイザーが待っててくれるわけじゃないもの。

そんな気持ちはありましたが、家族がいますから、手術を受けないわけにはいかないので。

一般的な、正しいがん治療の道を歩むことになりました。


但し、私が侵されているであろう癌は、再発率が非常に高く。
再発後は予後不良が多いみたいです。
5年生存率のデーターだって、がんが再発していてもその時に「生存」さえしていればカウントされてるんです。

果たして私は、再発しないで完治できるんでしょうかね?



以前の子宮筋腫の時、原因はストレスかなって思ってました。
(子宮筋腫がそこまで育つ前に、私なりにすごくストレスがかかることがあったのです。)

癌の原因は色々あるんでしょうけど。
もしストレスが関係あるならば、カイザーの死がトリガーになったかと思います。
私にとっては、人生で一番悲しい出来事で、それは今もまだ尾を引いていますから。
「もう、いつ死んでもいいや」と少なくない回数思っていたから、癌を呼び寄せてしまったかもしれないですね。


現時点では、お腹が腫瘍でキューピーさんみたいになっている以外は、元気です。
(お腹には直径15センチほどになった腫瘍があります。またもや15センチですよ。育ち過ぎ!)
ぱっと見、病気になんて見えないですよ。
体調不良も無いし。

ただ、病気のことを知るにつれて思うのは、手術と抗癌治療をしても、10年またはそれ以上生きられるのかが、わかりません。
神のみぞ知るってところでしょう。

いつかまたドーベルマンと暮らせる日が来るかも……と漠然と考えていた私ですが、自分が10年未満で亡くなる可能性があるのならば、もう飼えないかもしれませんね。

そんな楽しみや夢を持てない私のために。
今回の手術後の生きる張り?のために、旦那がGT-Rの更なるプチチューンアップをしてくれることになりました。

退院したら、即、手を付けようと思ってます。
入院中なのに、私ってばネットでパーツとか購入してます。

自暴自棄にはなってないですよ~。
なるようになるさと、笑って日々過ごしています。

術後は「お腹の傷がイタイの~!」なんて、またここでアップして行こうと思います。(^^)
[PR]
# by VanityBox | 2014-08-02 09:01 | いろいろ | Comments(10)