人気ブログランキング |
<< ちょっと嬉しかったこと 断爪式~。 >>
爪切りのワケ
カイザーは、先日の爪切りのお陰で、現在はこんなお手手です。
b0004752_21573177.jpg


ショードッグだから、握りのために短くしたかったのもありましたが、一番の問題は「旦那の蕁麻疹(?)」だったのです。

カイザーは、名実共に、旦那の御愛犬。
それゆえに、旦那もたいそう可愛がっています。

が。

ある程度大きくなってからなのですが。
カイザーと旦那が遊んでいて、爪が旦那の皮膚を引っかくと、蕁麻疹のようなぼつぼつが出来るようになってしまったのです。
(私には出来ません。)
「かあちゃん、俺、犬アレルギーなのかな?」
旦那はいつも、そうこぼしていました。

可愛い愛犬と遊んでやって、ぼつぼつが出来て、痛痒くなってしまっては、旦那とカイザーのラブラブに問題!
カイザーを里子に出すつもりもありませんし、旦那だって辛い。

だから、いつか、ちゃんと、きっちり詰めてやりたいとは思ってました。

けれど。
展覧会や躾教室などもあり、なかなか実行できずにいたんですよね。
(ガッチリ短くしてもらった後は、ばい菌が入らないように注意して管理しなければなりません。)
それに。
一度嫌な思いをさせると、もう私には爪を切らせてくれなくなる心配もありましたので。


結果としては、大丈夫だったんですけどね。
爪切り後でも、今までと変わりなく足を触らせてくれますし。
特に気にしてる風もありませんから。

すっごく心配だったんですけど、やっぱりやって良かった。
これもみかさんの腕のお陰です。
(ものすごく切ったのに、出血はほとんど無し!)
短時間でぱっぱっと片付けてくれたから、カイザーもそんなに辛くなくて済んだ模様。

これで次回の旦那の帰宅時は、ドーベルマン風人間オスとドーベルマン成犬なりたてオスで、心置きなく遊べることでしょう。

そんな飼い主の苦労も知らず、ガムを傍に置きつつ眠るカイザー。
b0004752_22162111.jpg

by vanitybox | 2005-08-29 22:15 | 愛犬と私 | Comments(2)
Commented by very very at 2005-08-29 22:47 x
短い!もう無いに等しいですね
うちは相方が切ってますがこんなに短くは切れませんよ
やっぱりプロは上手なんですね〜
みかさんすごい!!!
Commented by vanitybox at 2005-08-29 23:00
これだけ短くしてもらうと、甘えて飛び掛られても、「肉球ジョリジョリ」の感触しかないですよ~。
スッキリです。

日記に書いた問題以外にも、爪の付け根にひびの様なでこぼこがありまして。
いつかそこから折れるか裂けるかしそうで心配だったんですよ。
体重が重いカイザーだからなのもかもしれませんが。

やっぱり上手な人にやってもらうと違いますね~。
これからは、これよりちょっと伸びたぐらいを限界として、維持するように頑張らねば!
<< ちょっと嬉しかったこと 断爪式~。 >>